menu
Social media

ビジネス

上場企業「役員報酬1億円以上開示企業」調査 2017年3月期決算

Cover 8ff07447 dbc0 4dd5 b484 8907a8cbbf5f

公開日付:2017.06.23

上場企業「役員報酬1億円以上開示企業」調査 2017年3月期決算 

 2017年3月期決算有価証券報告書が順次提出され、6月23日17時現在では646社。このうち、役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示を行った上場企業は66社(構成比10.2%)で、開示人数は157人だった。
 1億円以上の役員報酬を受け取った157人のうち、2016年3月期決算と2017年3月期決算で、連続して個別開示された役員は105人(構成比66.8%)。新たに開示された役員は52人だった。
 個別開示では、ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ元副社長が103億4,600万円で、歴代役員報酬額の最高額を更新した。

 個別開示人数では、伊藤忠商事が2017年3月期決算では11人と、前年(3人)を大幅に上回った。また、その他の商社も2017年3月期決算の個別開示人数が前年を上回り、商社の躍進が目立つ。
 役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。
 ここ数年、業績に連動した報酬体系に移行しつつあり、またストックオプション、株式報酬など非金銭報酬による報酬も目立ってきている。2017年3月期決算では開示の社数・人数とともに上場企業決算の役員報酬へどのように反映されるかが注目される。
※2016年3月期では、2016年6月23日17時現在(有価証券報告書505社が提出)で50社・119人。

TSR

関連のM&Aニュース

ポケットカード<8519>、伊藤忠商事<8001>及びユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>完全子会社による公開買付に賛同の意見を表明

ソニー<6758>、米国Funimationを子会社化

伊藤忠商事、ヤナセを公開買付けにより子会社化

ソニー<6758>、エムスリー一部株式をゴールドマン・サックスに譲渡

ソニー<6758>が孫会社である中国のカメラモジュール製造事業の会社を売却

ソニー<6758>、インド子会社のSPNが南アジアのスポーツネットワークを約397億円で買収

ソニー<6758>、子会社のSME UKが英国の有力なダンスミュージックレーベルを買収

ジーンズメイト<7448>、「OUTDOOR PRODUCTS」ブランド事業の譲受及び独占フランチャイズ契約を承継

ソニー<6758>、ベルギーの医療映像ソリューションプロバイダーを買収

ソニー<6758>、村田製作所<6981>へ電池事業を譲渡する意向確認書を締結

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

魚力<7596>、子会社の米国鮮魚卸会社を伊藤忠商事<8001>に譲渡

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

日本特殊陶業<5334>、日本エム・ディ・エムを伊藤忠商事から買収

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソニー<6758>、故マイケル・ジャクソン氏との米国合弁会社株式50%を譲り受け

ソニー<6758>、イスラエルのLTEモデムチップ開発会社を買収へ

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

伊藤忠商事<8001>、CITICグループ、タイ大手グループ企業と資本業務提携。

伊藤忠商事<8001>、連結子会社を通じ大阪第一食糧の株式を公開買付けへ。

伊藤忠<8001>、タイ大手グループ企業と資本業務提携。

ソニー<6758>の米国子会社、英放送会社を買収。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソニー<6758>、ディー・エヌ・エーの株式の譲渡を実施。

ソニー<6758>、連結子会社の株式の一部譲渡を実施。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

東京エレクトロン<8035>、連結子会社を吸収合併。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソニー<6758>によるソネットエンタテインメント<3789>の株式等に対する公開買付が終了。

東京エレクトロン<8035>、FSI International, Inc.の普通株式に対する公開買付を開始。

東京エレクトロン<8035>、米国FSI International, Inc.を買収。

ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収。

ソニー<6758>、ケミカルプロダクツ関連事業を譲渡。

東京エレクトロン<8035>、ネックスシテムズ社を買収。

ソニー<6758>、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了。

ソニー<6758>、EMI Music Publishingを買収。

伊藤忠商事<8001>、南アフリカ共和国での白金族金属探鉱・開発案件に投資

伊藤忠商事<8001>及び伊藤忠欧州、Kwik-Fitの全株式を取得

伊藤忠商事<8001>、日本アクセスの株券に対する公開買付が終了

ソニー<6758>、中南米の有料テレビ事業の持分を一部売却

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

【ソニー】海外メディアも注目。音楽市場で繰り広げるリカーリング型事業

【ソニー】海外メディアも注目。音楽市場で繰り広げるリカーリング型事業

ソニー<6758>が、仏音楽会社ビリーブデジタルを400~500 億円で買収する方向で最終調整に入った。今回の買収で対象となった仏音楽会社のビリーブデジタルは主にインディーズ(独立系)の楽曲をインターネット配信大手に配給している。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c