東芝の分割案と非公開化、米カルパースはどちらも反対

alt
ロイター(Kim Kyung-Hoon)

[東京 22日 ロイター] - 米カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)が、24日に東芝が開く臨時株主総会で、会社側議案、株主議案のいずれにも反対票を投じたことが分かった。議決権行使記録で明らかになった。

カルパースは米国最大の公的年金基金。金融情報会社リフィニティブのデータによると、東芝株0.43%を保有している。

東芝が株主総会で諮る議案は2つ。会社提案の2分割案と、7.57%を保有する第2位株主の3Dインベストメント・パートナーズが提案した非上場化を含めた戦略の再検討を求めるもので、東芝の取締役会は株主提案に反対するよう推奨している。

会社提案が総会で承認されるかは不透明な情勢だ。大株主ではすでに10.41%を保有する筆頭株主のエフィッシモ・キャピタル・マネジメント、第3位のファラロン・キャピタル・マネジメントが反対や不支持を表明している。

さらに、ノルウェーの政府系ファンドやフロリダ州運用管理理事会といった、著名な基金も会社提案に反対、株主提案に賛成票を投じたほか、東芝の指名委員会委員長で、同社株主のレイモンド・ゼイジ氏も、株主提案に賛成票を投じると表明した。

議決権行使の助言会社である米グラスルイスも会社提案に反対、株主提案に賛成を推奨。同業の米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は会社提案にも、株主提案にも反対推奨の姿勢を示している。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

2017/07/06

米カリフォルニア州職員退職年金基金(通称カルパース)は、金融マーケットでは有名なビッグプレイヤーですが、最後に大量保有を提出したのは、2009年です。かなりの日本株を保有しているはずなのですが、現在の運用実態はどうなっているのでしょうか。大量保有データベースから追ってみましょう。

関連のM&A速報