整髪料の「ギャツビー」不振で マンダム42期ぶりの最終赤字

alt
※画像はイメージです

マンダム コロナ禍で「ギャツビー」不振、42期ぶりの最終赤字へ

公開日付:2022.02.01

外出自粛の影響大きく

 男性用化粧品大手の(株)マンダム(TSR企業コード:570198780、東証1部)は2月1日、通期の業績予想を下方修正し、連結の最終利益が6億5000万円の赤字になりそうだと発表した。従来予想は8億5000万円の黒字だった。最終赤字となれば1980年3月期以来、42年ぶり。コロナ禍で外出自粛などが響いた。

 「ギャツビー」が、夏場の気温低下などで夏シーズン品の需要が伸び悩み、主力のスタイリング剤も回復が遅れた。2021年4-12月は、新型コロナの影響で国内外ともに減収だった。

 2022年3月期の連結業績予想は、売上高580億円(2021年3月期633億1000万円)、営業利益24億円の赤字(同7億9300万円の赤字)、最終利益6億5000万円の赤字(同8億6000万円の黒字)と売上、利益ともに下方修正した。

‌昨夏、ヘアスタリング剤が苦戦したギャツビー(TSR撮影)
‌昨夏、ヘアスタリング剤が苦戦したギャツビー(TSR撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

ストッキングのアツギ 4期連続の営業赤字へ

ストッキングのアツギ 4期連続の営業赤字へ

2022/02/06

アツギは1月28日、2022年3月期の連結営業利益予想を21億円の赤字に下方修正し、4期連続の赤字になりそうだと発表した。主力のストッキング需要が急減。アツギは国内生産を終了し、中国の工場に移管など生産体制の見直しを急いでいる。