オムロン、JMDCと資本業務提携 ノーリツ鋼機から株式取得

alt
2022年 ロイター/Steve Marcus

オムロン、JMDC株を33%取得 ノーリツ鋼機から1118億円で

[東京 22日 ロイター] - オムロンは22日、医療統計のデータサービスを提供するJMDCと資本業務提携を行うと発表した。JMDCの大株主であるノーリツ鋼機が保有する株式約1864万株(発行済株式総数の33.0%)を1118億円で取得する。

25日に、市場外の相対取引により1株6000円で取得する。取得価格は22日終値の5650円を6.19%上回る。ノーリツ鋼機の保有比率は15.68%に低下する。

オムロンは、JMDCに取締役1人を派遣する。また、業務提携の推進のため、両社の代表取締役社長を含む提携推進委員会を設置する。

ノーリツ鋼機は保有株の一部売却により、売却益として940億円を非継続事業からの利益に計上すると発表。JMDCはノーリツ鋼機の連結子会社から外れる。株式売却を反映して、22年12月期の連結業績予想を修正した。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

関連のM&A速報