24日の東芝臨時総会、ノルウェー政府ファンドが非公開化に賛成票

alt
2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon

[東京 20日 ロイター] - 東芝が24日に開く臨時株主総会を巡り、ノルウェーの政府ファンドが非上場化などの検討を求めた株主提案に賛成票を投じたことがわかった。議決権行使記録によると、同ファンドはデバイス事業を分離する会社提案には反対票を投じた。フロリダ州運用管理理事会も株主提案に賛成し、会社提案に反対した。

経営再建中の東芝は電子部品などのデバイス事業を分離・上場する計画で、24日の臨時株主総会で同議案を諮る。一方、非公開化や出資の受け入れを含めた戦略の再検討を求める大株主3Dインベストメント・パートナーズも議案を提出している。

金融情報会社リフィニティブによると、ノルウェーの政府ファンドは東芝株の1.22%を、フロリダ州運用管理理事会は0.22%を保有している。いずれも保有比率は高くないが、世界的に著名な基金が3Dの提案を支持したことで、株主の間で東芝に戦略の再考を求める動きがさらに広がる可能性が出てきた。

東芝の社外取締役で指名委員会の委員長を務めるレイモンド・ゼイジ氏は17日、非上場化の検討を求める株主提案に、株主として賛成すると明らかにした。これに対し東芝は、株主提案に反対する取締役会の意見に変更はないとコメント。株主の支持を得るために引き続きあらゆる努力をするとした。

株主の投票行動に影響を与える議決権行使助言会社の米グラスルイスは11日、3Dの提案に支持を表明。同業の米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は分割議案に反対だが、3Dの提案にも反対を推奨している。

ノルウェーの政府ファンドを運営するノルゲスバンク・インベストメント・マネジメント(NBIM)は議決権行使の理由として、企業の合併、買収などを評価する際は、十分な透明性があるか、すべての株主が公平に扱われているかといった要素を勘案するとしている。

(山崎牧子 編集:基太村真司、久保信博)

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

【希望退職】富士通の3031人を最多に、JTなどが応募者数を相次ぎ発表

【希望退職】富士通の3031人を最多に、JTなどが応募者数を相次ぎ発表

2022-03-16

上場企業で希望(早期)退職者の募集結果に関する発表が相次いでいる。今年に入って13社(一覧表)を数えるが、約半数の6社は応募者が100人を超える。なかでも最多は富士通で、応募者は3000人(国内グループ企業を含む)以上にのぼった。

関連のM&A速報