ゼンショーホールディングスは、米国でファミリーレストラン「ココス」「キャローズ」などの経営を行うCatalina Restaurant Group Inc.(カリフォルニア州。売上高210億円、営業利益△45億3000万円、純資産93億2000万円)の全株式を譲渡することを決議した。

ゼンショーホールディングスは2006年に同社を子会社化し、カリフォルニア州を中心にレストランを運営してきたが、2008年のリーマンショック以降、業績は低迷していた。利益面での根本的な回復が見通せないことから、経営資源の選択と集中の一環として売却する。売却先は全米22州でレストランチェーンの経営を行うFMP SA Management Group, LLC(テキサス州)の新設会社。

譲渡価格は1210円(10米ドル)。譲渡予定日は2015年3月31日。