ゼンショーホールディングス及び同社の子会社である日本リテールホールディングスは、群馬県を中心に食品スーパーマーケットを計44店舗展開しているフジタコーポレーション(売上250億、営業利益9億、純資産74億)の株式を取得した。(所有割合:97.10%)

ゼンショーは関東圏を中心に、食品スーパーマーケット「マルヤ」等を約100店舗展開しており、本取引により商品開発、食材開発、物流、店舗運営、店舗立地開発等の各分野において相乗効果が期待できるとしている。

株式取得価額は、120億円。

株式譲渡予定日は、平成28年11月21日。