今回は、健康コーポレーションを分析してみることにする。健康コーポレーションは、2003年4月に設立され、当初、自社ウェブサイトにてインターネット通信販売をする会社であった。しかし、今は、RIZAPの親会社と言った方がピンとくる方が多いだろう。
「結果にコミットする。」という宣伝は、一人でなかなか成功しないダイエットに悩む人の心を捕らえた。

 09年から15年3月期までの連結財務諸表、7年間を分析した。

 企業力総合評価は、99.08P→133.22P→140.99P→146.49P→128.61P→112.30P→116.64Pと推移している。13年から企業総合評価が悪化し始めた。

 営業効率(もうかるか指標)・資本効率(株主評価指標)は、11年から5期連続悪化している。
生産効率(人の利用度)も11年から悪化し始め、14年には赤信号領域、15年は改善したものの赤信号領域を出ていない。生産効率は、業種・業態によって大きく変わる。健康コーポレーションは、M&Aで多事業展開し、生産効率の悪い事業が増加している可能性もある。

 資産効率(資産の利用度)は大きく悪化トレンド。売上高の増加以上に総資産が増加していることが原因である。M&Aなどの拡大で、総資産と売上高のバランスが崩れてきた。
流動性(短期資金繰り指標)は、ほぼ青信号領域だが、不安定で課題が残るようだ。
安全性(長期資金繰り指標)は、10年、急改善し、赤信号脱出かと思われたが、その後は改善していない。資産効率とのバランスを取り、増資等資本政策でのカバーができていれば、安全性は青信号へ行く。そうすれば安全性はもちろん、資産効率、流動性、営業効率まで善循環が起こり、改善する。強気のコマーシャルどおり、売上高も7年で5倍強と攻めに強い会社であるが、その特徴が各親指標に表れており、優秀なCFOの採用が必要だろう。

 機関車的役割の営業効率を検証する。営業効率の悪化は、もうからないセグメントを調査することで原因捕捉が可能となる。営業効率を親会社・子会社に分解してみよう。
11年から15年3月期までの5年間の親会社、子会社等の売上高の推移を調べた。

(売上規模が連結売上高の10%以上しか開示されないため、記載がないことは、売上高が無いことを意味しません。)



 連結売上高が13,574百万円から39,102百万円と4年間で3倍になっており、強烈な増収の会社であると言える。子会社化した会社は、ジャパンギャルズを除き、増収トレンド。自社で設立した健康コーポレーションとRIZAPも1.5倍から2倍に売り上げを伸ばしている。

 健康コーポレーションのグループは攻めに強く増収を達成する傾向にある。
それではなぜ、営業効率の悪化トレンドが止まらないのだろうか。売上高経常利益率をセグメント分割してみよう。

 長くグループ内にある会社は売上高経常利益率が高い傾向にある。利益率を上げること自体は得意な会社と言えるが、M&Aで子会社化した会社が引き下げる傾向にある。
営業効率は答えが出たようだ。増収増益達成の可能性は高いものの、M&Aで子会社化する会社の売り上げボリュームが大きく売上高経常利益率が低調なため、営業効率が悪化してしまうのである。

<まとめ>
①健康コーポレーションは、増収・増益の会社に育てる力がある。
②RIZAP等の増収、既存事業の高利益率を背景に、比較的利益率の低調な会社をM&Aし、自社の営業効率を悪化させる。しかし今後、利益率改善が見込める可能性がある。
③営業効率以外の指標は、赤信号領域や、それに近い指標が多くバランスが取れていない。

文:株式会社SPLENDID21 代表取締役社長 山本純子

関連記事:
【健康コーポレーション】RIZAPで急成長。今後の戦略は?