menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】東芝 小さな粉飾・大きな騒動

Cover 7f549c58 919e 46a1 be24 955f89dcf082
画像はイメージです。

 今回は、不適切会計で揺れる東芝<6502>を分析してみることにする。2015年3月期の決算発表が延期、15年9月7日に発表されるという事態になり、財務諸表は過去にさかのぼり訂正された。

 06年~15年3月期までの10年間を分析した。過年度訂正は10~14年のデータ(□:白線枠囲み)で行われており、06~09年、および15年は同じデータで分析している。

<訂正前>

<訂正後>
 訂正後の企業力総合評価を見て欲しい。リーマンショックの09年以前から低調で、リーマンショックの谷から2期かけてやっと元に戻った状況だ。このようにSPLENDID21のグラフでくすぶっている場合で、かつ、知名度の高い会社は、「よく見せたい」という粉飾の動機が存在すると予想するには難くないだろう。

 粉飾のインパクトをSPLENDID21のグラフから検証してみよう。訂正前、訂正後の企業力総合評価のグラフを見比べて欲しい。それほど大きな違いはない。営業効率、資本効率、生産効率、資産効率、流動性、安全性の各親指標についても同じである。不適切会計のインパクトの小ささから、どうやら東芝は、会社全体で外部を欺こうという巨額の粉飾を行った訳ではないようだ。

 実際の数字で確認してみよう。第三者委員会の報告では、09年~15年3月期第3四半期までの7年間に、税引前利益の修正額1518億円が報告され、その金額の大きさにマスコミ各社が驚いた。確かに実額としてはインパクトがある。しかし、連結売上高6兆6558億円(年率0.32%=(1518億円÷7年)÷6兆6558億円)、資産規模6兆3347億円の東芝にとっては、不適切会計の実額はあまりに小さく、会社全体に与えるインパクトとしては大きいと言えないのだ。

 今回の不適切会計を、会社の規模から考察すると、会社全体をよく見せたいという粉飾ではなく、個人の私利私欲で少しだけよく見せるため、部分的に粉飾を行っていたと言わざるを得ない。

 ここでもう一点、会計から指摘することにする。「粉飾決算は、長期で見れば、収益は何ら変わらない」という点だ。
例えば、第1期に期末棚卸資産を100過大計上し利益を100水増ししたとしても、第2期は期首棚卸資産が100過大計上されているため、売上原価が100過大計上になり、翌期は同額の100利益が減額される。つまり、2期つなげて計算すれば、粉飾してもしなくても一緒になる。

 企業会計の基本構造から、粉飾決算は、次期以降にツケを回すだけで、業績を永遠に良く見せることはできない。第2期も100の利益を粉飾で出そうとすれば、期末棚卸資産を200多く計上する必要があり、3期300、4期400とその額は増加の一途をたどり、すぐに限界がくる。
粉飾は、未来にツケを回すだけだ。

企業力分析

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

短期集中連載開始! 第1回は「PMIができないならばM&Aをすべきではない」。多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c