menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】ワタミ 強烈な個性の創業者

Cover 6b83014d ba02 4c7e 92e9 5361626107c9
画像はイメージです。

 今回は、ワタミ<7522>を分析してみることにする。ワタミは、創業者である渡邉美樹氏の思いを大切に社員全員が「地球上で 一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」というスローガンのもと、外食・介護 ・宅食・農業・環境事業に取り組んでいる。
(編集部注:ワタミは、2015年10月2日100%子会社で介護付有料老人ホーム事業などを展開するワタミの介護を損保ジャパン日本興亜ホールディングスへ株式譲渡する「株式譲渡契約書」を締結したことを発表した。)
 
 2006年から15年3月期までの連結財務諸表10年分を分析する。

 企業力総合評価は、109.23P⇒101.06P⇒105.34P⇒104.21P⇒103.98P⇒101.09P⇒101.89P⇒97.05P⇒73.01P⇒30.18P
と推移している。14年急激に悪化したが、それまでもギリギリ100Pであったので、長期的に経営は良くはなかった。14年に悪化成り行き倍率1年(前年97.05Pで14年は73.01Pでその差24.04P悪化。14年は破綻懸念60Pまで13.01Pしかなく、来期同じトレンドで悪化すると、後1年で破綻懸念へ突入する。)の指摘どおり、15年破綻懸念領域に入ってしまった。

 企業力総合評価と下位各親指標を俯瞰してみると、ほとんどの親指標が赤信号領域や、赤信号への悪化であるのに、資産効率は悪化してきたとはいえ、青信号領域にとどまっている。この組み合わせは、売上高至上主義の企業によく現れる組み合わせである。以前、創業者の渡邉美樹氏が「売上高1兆円を目指す」と宣言したことを思い出すが、SPLENDID21の分析の面白さがここにある。このグラフ群は決算書と従業員数だけの完全な定量分析である。しかし、その結果は、「売上高至上主義」という経営者の性質が読める。06年82,672百万円の売上高は14年163,155百万円のピークだった。

 営業効率(もうかるか)・資本効率(株主評価)は14年赤青ゼロ判別、15年は完全に赤信号領域に突入し、12,857百万円の当期損失を計上した。
       

 生産効率(人材の利用度)は10年間ずっと赤信号領域である。生産効率の主要指標は、1人当たりの売上高で、15年7,245千円であった(売上高を期末従業員数で除して計算)。1人当たりの売上高が低ければ、その範囲でしか給料が払えず労働条件が厳しくなる。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【企業力分析 】ロック・フィールド 絶対生き残る!

【企業力分析 】ロック・フィールド 絶対生き残る!

「RF1」や「神戸コロッケ」ロック・フィールド。市場規模が伸びている中食業界の雄はどのような経営状況だろうか。 専門家が分析する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344