M&A速報

高松コンストラクショングループ、青木あすなろ建設をTOBで完全子会社化

2019/08/06

高松コンストラクショングループ<1762>は2019年8月6日、79.08%を保有する子会社の青木あすなろ建設<1865>の全株式をTOB(株式公開買い付け)で追加取得すると決めた。TOBにより青木あすなろ建設は上場廃止となる見通し。青木あすなろ建設は賛同の意見を表明し、株主には同TOBへの応募を推奨している。

すでに両社は協働しているが、青木あすなろ建設が上場会社として独立した事業運営に取り組んでいることから、内部情報を共有することができないなどグループ一体営業活動に制約が生じている。TOBで完全子会社化することにより、企業間の協力による事業の推進を一層進めていく。

さらに、資材購入の共同化によるコストダウン、建築ノウハウの共有化・共同研究による技術力の強化、重複事業領域である伝統文化財事業・リフォーム・内装関連事業の連携加速による生産性向上と利益率向上が可能になるという。バックオフィスの集約や、会計・原価管理システムをはじめとする情報システムの共有による効率化、人事制度の統一に伴う人材交流の推進なども期待している。

買付価格は1株1210円で、TOB公表前日の終値円に対して53.94%のプレミアムを加えた。買付金額は138億円。買付期間は2019年8月7日~9月19日。

関連の記事

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

2019/12/31

2019年に東京証券取引所で上場廃止となった企業は42社を数える。前年に比べると19社少ない。産業界の潮流や栄華盛衰とも密接にかかるのが上場廃止の動向だ。「令和」のスタートを振り返ってみると。

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

2019/03/31

経営再建中のRIZAPグループは、連結子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建住宅・リフォーム事業を、中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループに売却することを決めた。グループ会社・事業の売却は昨秋に構造改革に着手して以降、3件目。

「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

2018/07/18

景気の持ち直しで減少傾向にある企業倒産。しかし、どの企業にもいつかその日は訪れる。一口に倒産といっても破産、民事再生、会社更生、特別清算など形態はさまざま。完全な「墓場送り」もあれば、不死鳥のようによみがえる「死と再生」もある。その違いは?

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

2018/04/17

高松コンストラクショングループは関西発祥の中堅ゼネコン。2017年には協和銀行(現・りそな銀行)出身の吉武宣彦が社長に就任、翌年には中核企業の高松建設でオーナー一族の社長が就任するなど新体制づくりが進む。成長戦略の要は企業買収・合併(M&A)だ。

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

2016/01/06

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5