menu
Social media

ビジネス

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

Cover 5b8ef54f 48c1 450c 88f9 13f5dfbca07e
画像はイメージです。

 今回は、シャープ<6753>を分析してみた。2015年5月9日、再建中のシャープは、資本金を1億円に減資する計画を発表し、その後、5億円に変更した。資本金が1億円以下になれば、税法上の優遇措置があり、この優遇措置を受けることを批判され、5億円に変更したのだ。

06年~15年3月期(連結財務諸表 15年は決算短信)の10年間。

 企業力総合評価は、131.69P→132.84P→128.84P→87.60P→108.73P→114.07P→83.68P→56.13P→97.07P→48.32Pと推移している。09年は、翌年も同じトレンドで悪化したら、あと1年で60P以下の破綻懸念へ行く状況であった(赤矢印)。12年も悪化成り行き倍率1年で、翌期13年に破綻懸念領域へ。そして、15年再度の破綻懸念領域、48.32PでなおかつWARNINGも2つ付いており、予断を許さない。

 営業効率(もうかるか指標)、資本効率(株主の評価指標)は、09年、12年、13年、15年ほぼ底値である。生産効率(人の利用度)は、青信号領域を安定している。資産効率(資産の利用度)は回復トレンド。生産効率、資産効率については、意外と感じられる方も多いのではないだろうか。生産効率が比較的高いのは売上高・従業員数が減らない結果である。

 また資産効率の改善と安全性はセットである。留保利益が流出し資産総額が減ったため、売上高と資産のバランスである資産効率は改善し、留保利益喪失は安全性を悪化させているのだ。流動性(短期資金繰り)は、赤信号をさらに悪化している。

 営業効率各下位指標を、もう少し見てみよう。下の表をご覧いただこう。肌色の指標を左から右に横に読んで見て欲しい。売上高は、06年の2兆7971億900万円から15年の2兆7862億5600万円とほとんど変わらない。販管費(販売費および一般管理費)も06年4682億7300万円から15年の4365億7200万円とほぼ変わらない。結果として、販管比率(販管費/売上高×100)の変動は4%以内である。

 青い指標を横に読んでいただきたい。売上総利益率が06年の22.59%から15年の13.94%へと8.65%も悪化している。この指標の悪化が、シャープを苦しめた。この結果は、他の財務指標にも影響を及ぼした。緑の指標を横に読んでいただきたい。巨額赤字が原因となって、財務コストがかさみ、営業外損失が増えていった。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。幅広い知見を持つ髙野総合会計事務所のシニアパートナーで公認会計士・税理士の小宮孝之氏に聞いた。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333