手法解説記事

事業譲渡の記事一覧

【M&A】個人情報保護委員会、M&Aを行う際の個人情報の利用に関して注意を呼びかけ

【M&A】個人情報保護委員会、M&Aを行う際の個人情報の利用に関して注意を呼びかけ

個人情報保護委員会は6月23日、事業者が合併や組織再編等を行うにあたり、対象事業のホームページ等に記載している個人情報の利用目的を確認しなかったため、正しく利用目的を通知・公表していない状態のまま個人情報を利用しているケースがあると注意喚起を促しました。

記事を読む
オンキヨー ホームAV事業をシャープなどに33億2300万円で譲渡

オンキヨー ホームAV事業をシャープなどに33億2300万円で譲渡

オンキヨーホームエンターテイメントは5月26日、主力のホームAV事業をシャープと米国企業が設立する新会社に譲渡する契約を締結したと発表した。譲渡価格は33億2300万円。

記事を読む
【中小企業のM&A】「大手の傘下に入る」「不動産M&A」…売り方をいろいろ考えてみる

【中小企業のM&A】「大手の傘下に入る」「不動産M&A」…売り方をいろいろ考えてみる

コロナの影響がほぼ全ての業種に出てきている昨今、長期化の影響から、最近は個人事業主や零細企業では心が折れる形での廃業、休業が増えてきている。そこで、売手企業の選択肢を増やすためにも新しい視点での譲渡方法について考えてみたい。

記事を読む
オンキヨー、主力のホームAV事業をシャープに譲渡へ

オンキヨー、主力のホームAV事業をシャープに譲渡へ

オンキヨーは主力のホームAV事業をシャープに譲渡する協議を開始したと発表した。5月20日までに正式契約を締結し、6月25日開催予定の株主総会に諮る予定。

記事を読む
【M&A判例】営業譲渡契約の解除で商標権はどうなる?|パーソナルトレーニングShapes事件

【M&A判例】営業譲渡契約の解除で商標権はどうなる?|パーソナルトレーニングShapes事件

2006年の商法大改正で「営業譲渡」が「事業譲渡」という呼称に改められましたが、今でも営業譲渡が使用される場合があります。それは当事者に個人の商取引が含まれる商法が適用される場合です。今回は営業譲渡契約の解除の判例をご紹介します。

記事を読む
【北國銀行】北陸金融界の激震を礎に|ご当地銀行の合従連衡史

【北國銀行】北陸金融界の激震を礎に|ご当地銀行の合従連衡史

北國銀行は1943年の創業以来、自行が率先して行ったM&Aがほとんどなく、あえてM&Aの実績を挙げるとすれば1944年に石川貯蓄銀行を買収したことくらいだ。ただし、2003年に破綻した石川銀行の分割営業譲渡では、地元金融界に激震が走った。

記事を読む
書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

広島県内を中心に関東圏にも店舗を展開する大手書店のフタバ図書が、ファンドなどが出資する新会社に3月1日付で事業譲渡すると発表した。事業再生ADR手続きを活用する。

記事を読む
最近注目されてきている「事業譲渡」とは

最近注目されてきている「事業譲渡」とは

事業譲渡とは、会社が行う事業の全部、あるいは一部を他の会社へ譲渡・移転することです。事業譲渡にあたっては、譲受側がその営業を行う権利を得るため、譲渡した会社は一定期間同じ業務や類似した業務が禁止されます。

記事を読む
名門レナウンに破産開始決定 負債総額は138億円

名門レナウンに破産開始決定 負債総額は138億円

名門アパレルのレナウンが11月27日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には永沢徹弁護士が選任された。民事再生時点で負債総額は138億7900万円。​

記事を読む
「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」が民事再生 負債総額は46億円

「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」が民事再生 負債総額は46億円

セレクトショップ「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」などを運営するリデアが11月17日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は約46億円。事業はW&Dインベストメントデザインと八木通商に譲渡する予定。

記事を読む
【判例】サイト売買で「競業避止義務違反」が認められた事例

【判例】サイト売買で「競業避止義務違反」が認められた事例

ネット通販が一般的になったことで、サイトの売買も活発に行われています。今回は、サイト売買がM&A手法のひとつである「事業譲渡」と認定され、売主の競業避止義務違反が認められた裁判例をご紹介します。

記事を読む
テックビューロが暗号資産交換業を廃止 Zaifは譲渡済み

テックビューロが暗号資産交換業を廃止 Zaifは譲渡済み

Zaifを運営していたテックビューロが暗号資産(仮想通貨)交換業を廃止すると発表。11月1日現在、暗号資産交換業者は26業者が登録しているが、登録業者(みなし業者除く)の廃止は初のケースになる見通し。

記事を読む
東京都、中小企業のM&Aマッチングを支援

東京都、中小企業のM&Aマッチングを支援

東京都と中小企業振興公社は、事業譲渡などを検討している都内中小企業と国内の譲受事業者(買い手)のM&Aマッチングを支援する。2020年度の募集は計3回で、第1回の締め切りは2020年11月30日。

記事を読む
キオクシア(旧東芝メモリ)上場延期の原因は「公募価格の不満」

キオクシア(旧東芝メモリ)上場延期の原因は「公募価格の不満」

半導体メモリのキオクシアホールディングスは2020年9月28日、新規上場を延期すると発表した。理由について同社は最近の株式市場の動向や新型コロナウイルス感染の再拡大への懸念など諸般の事情を総合的に勘案したと説明している。本当にそうか?

記事を読む
営業自粛による業績悪化企業に「事業譲渡」相談などの専門家を派遣 

営業自粛による業績悪化企業に「事業譲渡」相談などの専門家を派遣 

東京都は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う営業自粛などで業績が悪化している都内の中小企業を対象に、事業譲渡や、資金繰り、収益改善などの相談に応じる専門家を無料で派遣する。

記事を読む
小泉グループがレナウンの「アクアスキュータム」「ダーバン」を買収

小泉グループがレナウンの「アクアスキュータム」「ダーバン」を買収

小泉グループは8月21日、民事再生手続き中のレナウンとレナウンの主力アパレルブランドである「Aquascutum(アクアスキュータム)」、「D'URBAN(ダーバン)」の事業譲渡契約を締結したと発表した。譲渡価格は非公表。

記事を読む
【M&A相談所】従業員の雇用や給与を維持してもらうには?

【M&A相談所】従業員の雇用や給与を維持してもらうには?

事業承継でM&Aを考えていますが、会社を譲渡した後の従業員の処遇が心配です。雇用や給与を維持してもらうには、どのように対処すればよいでしょうか。

記事を読む
TikTok問題が引き起こすテック系イノベーションの「死」

TikTok問題が引き起こすテック系イノベーションの「死」

トランプ米大統領が中国バイトダンス傘下にある動画投稿アプリ「TikTok」に、米国でのアプリ使用禁止か米国企業への事業譲渡を迫っている。米中摩擦の象徴ともいえる事件だが、実はテック系ベンチャーの活躍を阻害しかねない世界経済の懸念材料なのだ。

記事を読む
民事再生のレナウン、ブランドごとに複数スポンサーに譲渡へ

民事再生のレナウン、ブランドごとに複数スポンサーに譲渡へ

民事再生手続き中のレナウンが、ブランドや事業ごとの譲渡を複数のスポンサー候補と協議していることがわかった。関係者によると、8月中旬までの合意を目指しているという。

記事を読む
「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

わが国初となる新型コロナウイルス感染症による病院倒産が発生した。岸本整形外科(岡山県真庭市)がそれ。病院の経営状況は厳しく、コロナ禍が追い打ちをかける。これから病院の破綻は多発するだろう。地域医療を担う病院を破綻から救う道はM&Aしかない。

記事を読む
【中小企業のM&A】駆け出しのM&Aコンサルタントが知っておきたいこと!

【中小企業のM&A】駆け出しのM&Aコンサルタントが知っておきたいこと!

最近、「M&Aコンサルタント」の名刺をよく見かけるようになった。M&Aや事業承継で身を立てたい、と思っている方や実はまだあまりディールにタッチしたこがない方必須!よくあるミス、トラブルについて書いてみたい。

記事を読む
「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が倒産

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が倒産

「いきなり!ステーキ」などを展開するペッパーフードサービスは、米連結子会社のKuni’s Corporationを米国連邦倒産法第7章に基づき破産申請した。負債総額は約3000万ドル(約32億円)。

記事を読む
GoToキャンペーンに向け体制を強化「エアトリ」がコールセンター事業を譲渡

GoToキャンペーンに向け体制を強化「エアトリ」がコールセンター事業を譲渡

航空券予約サイト「エアトリ」を運営するエアトリは、コールセンター事業を展開するアップセルテクノロジィーズ((東京都豊島区)に、エアトリ旅行事業でのコールセンターなどのオペレーション業務事業を約3億5000万円で譲渡する。

記事を読む
「オリンパス」がデジタルカメラなどの映像事業を売却する理由とは

「オリンパス」がデジタルカメラなどの映像事業を売却する理由とは

オリンパスはデジタルカメラなどの映像事業を分社化したうえで、投資ファンドの日本産業パートナーズ(東京都千代田区)に売却する。2020 年9月30日までに正式契約を結び、年内の取引完了を目指す。

記事を読む
巨額損失穴埋めの「売却」から脱却か 三井E&Sホールディングスの戦略は

巨額損失穴埋めの「売却」から脱却か 三井E&Sホールディングスの戦略は

三井E&Sホールディングスによる子会社や事業の売却が、2019年12月下旬から2020年6月中旬までのおよそ半年間で6件に達した。海外の大型石炭火力発電所土木建設工事によって発生した巨額損失を穴埋めするための取り組みだ。

記事を読む