米アップルが2020年中にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPU(中央演算処理装置)を、現在のインテル製から自社開発したARMアーキテクチャーの「Apple Silicon」へ切り替える。アップルは1984年に大型コンピューターCPUの流れをくむモトローラ製CPUでパソコンに参入し、1994年に米IBMなどと共同開発した「パワーPC」を採用するなど、米マイクロソフトの「ウィンドウズ」OSと組んだ機械制御派生のインテル製CPUとは一線を画してきた。

ARMの創立前から関っていたアップル

ARMアーキテクチャCPUが搭載される「MacBook Pro」(アップルホームページより)

しかし、アップルは2006年にパソコンでは事実上の世界標準になっていたインテル製CPUに変更。創業者のスティーブ・ジョブズCEO(当時)が、こき下ろしていた「ウィンドウズ」を「Mac」シリーズで利用できるようになった。その結果、それまでは個人やデザイナー、医療機関、教育機関に限られていた「Mac」シリーズが企業でも採用されることになる。

アップルにパソコンでの「脱インテル」を決断させたARM。日本では2016年にソフトバンクグループ<9984>が約240億ポンド(約3兆3000億円=当時)で完全子会社化したことで一躍有名になったが、実は同社とアップルの関係は深い。そもそもARMはアップルが誕生させた会社なのだ。

アップルは1980年代後半からARMの前身である英エイコーン・コンピュータと共同開発を進めており、1990年に両社とカスタム半導体の開発・製造を手がける米VLSIテクノロジーのジョイントベンチャーとして、ARMアーキテクチャー専業の「Advanced RISC Machines Ltd」を設立した。アップルが150万ポンド(約2億円)の資金を、エイコーンが12人の自社エンジニアを送り込み、ARM株を43%ずつ持ち合う。当時のARMの時価総額は、わずか350万ポンド(約4億7000万円)程度だったわけだ。

その後、アップルは1993年から業績が低迷し、キヤノン<7751>や米IBM,蘭フィリップスなどへの身売りを模索するが、いずれも実現しなかった。エイコーンも業績が悪化し、1999年から事業部門ごとに切り売りされて解体されている。VLSIテクノロジーは1999年に約10億ドルでフィリップスに買収された。一方、ARMは1998年にロンドン証券取引所とNASDAQに上場。併せて「ARM Ltd」に社名変更し、親会社たちの苦境を尻目に成長していく。