新型コロナウイルスとの闘い「串カツ田中流」のやり方とは

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が苦境に陥る中、あの手この手でコロナ禍を乗り切ろうとする企業がある。

テイクアウトやデリバリーシステムを導入する企業は多いが、これに加え他社とのコラボやクラウドファンディング(インターネットを介した資金調達)に取り組むなど、他の飲食店も参考になりそうだ。

社長、副社長が接待 

国内外に274店の串カツ店を展開する串カツ田中ホールディングス<3547>は2020年5月21日に、1000万円の支援金集めを目的にクラウドファンディングに乗り出した...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5