インテルの記事一覧

コロナ禍で好調なPC市場でも、アップルの成長は「別格」だった

コロナ禍で好調なPC市場でも、アップルの成長は「別格」だった

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うリモートワークや遠隔授業、巣ごもり需要などでパソコンが売れている。2020年のパソコン世界出荷台数は前年比13.1%増だったが、それを大きく上回る成長をみせたのが同29.1%増の米アップルだった。

記事を読む
コロナ禍にもかかわらず海外案件が活発 2020年の製造業M&A

コロナ禍にもかかわらず海外案件が活発 2020年の製造業M&A

2020年の製造業のM&Aは12月23日時点で前年よりも44件少ない172件と、2年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う景気減速と先行き不透明感により、M&Aを手控えたとみられる。

記事を読む
M1より早くアップルが開発した「PowerPC 」の意外な運命

M1より早くアップルが開発した「PowerPC 」の意外な運命

米アップルが開発した独自CPU「M1」を搭載した新「Macシリーズ」が投入された。業界標準の米インテル製CPUを搭載する「インテルMac」を大幅に上回る処理能力と省電力性が話題になっている。実はアップルが独自CPUを開発するのは2回目だ。

記事を読む
初のApple Silicon搭載Macは「Air」の一択

初のApple Silicon搭載Macは「Air」の一択

2020年11月11日、米アップルが独自CPU「Apple Silicon」を初搭載した新型「Macシリーズ」を発表した。「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3モデル中、一番の「おすすめモデル」はどれ?

記事を読む
新「iPad Pro」は「タブレットMac」として使えるか?

新「iPad Pro」は「タブレットMac」として使えるか?

アップルがARMアーキテクチャーの独自CPUを搭載した新型「Macシリーズ」を発表する。ARMアーキテクチャーといえば「iPad」もそう。ということは「iPad」でMacOSが稼働する可能性があるということだ。「MacPad」は実現するか?

記事を読む
アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

米アップルが2010年から2019年までの10年間に累計で20社のAI企業を買収し、3年連続で累計トップを維持した。アップルの成長に寄与した「AI買収」だが、買い手の主役はICTから他業種への拡大しつつある。M&Aの過熱で買収金額の高騰も。

記事を読む
次期ARMアーキテクチャー「Mac」でウィンドウズは動くのか

次期ARMアーキテクチャー「Mac」でウィンドウズは動くのか

米アップルが次期「Mac」シリーズのCPUをARMアーキテクチャーの「Apple Silicon」へ切り替える。仕事で「Mac」シリーズを使用しているユーザーにとって最大の関心事は新型機でマイクロソフトのウィンドウズが利用できるかどうかだ。

記事を読む
幸運が後押しするソフトバンクの「ARM売り」、買い手はどこ?

幸運が後押しするソフトバンクの「ARM売り」、買い手はどこ?

英半導体設計大手のアーム・ホールディングス(ARM)を買収して4年、ソフトバンクグループが同社の売却または再上場に向けて動き出している。ARMの企業価値は340億ドルとみられ「高すぎる買い物」と呆れられたソフトバンクの買収額を上回っている。

記事を読む
アップルのARM転換、「本当の狙い」は法人市場への本格参入か

アップルのARM転換、「本当の狙い」は法人市場への本格参入か

米アップルが2020年中にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPUをARMアーキテクチャーの「Apple Silicon」へ切り替える。なぜこのタイミングでARM転換に踏み切るのか、だ。そこには法人市場への進出を狙う野心があった。

記事を読む
次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

米アップルが2020年にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPUをインテル製からARMアーキテクチャー​の「Apple Silicon」へ切り替える。実は同社とアップルの関係は深い。そもそもARMはアップルが誕生させた会社なのだ。

記事を読む
蘇寧グループ、張 近東(チャン・チントン)会長【中国経営者シリーズ9】

蘇寧グループ、張 近東(チャン・チントン)会長【中国経営者シリーズ9】

中国企業の経営者を紹介するシリーズ。蘇寧電器の創業者で、蘇寧グループ会長の張近東(チャン・チントン)を取り上げる。2011年に家電量販店のラオックスを傘下に収めた。16年にはイタリアのセリエAを代表する名門クラブ「インテル」を買収した。

記事を読む
自動車業界での「小規模AIスタートアップ」企業買収が激化!

自動車業界での「小規模AIスタートアップ」企業買収が激化!

2021年には実用的な完全自動運転車が発売されると言われている。シリコンバレーの企業はいち早く自動運転車向けの人工知能(AI)開発に乗り出しており、技術力はナンバーワン。自動車系AIスタートアップの買収と今後対象になりそうな企業を紹介する。

記事を読む
異常に価値が高い謎の会社 モービルアイ(Mobileye)

異常に価値が高い謎の会社 モービルアイ(Mobileye)

世の中には「何をやっているのかちょっとよくわからないけども異常に価値が高い謎の会社」というものが存在します。今回はインテルが2017年に買収したテックギークの「モービルアイ(Mobileye)」を取り上げます。

記事を読む
アップル、クアルコムに「完敗」!回ってきた部品調達戦略のツケ

アップル、クアルコムに「完敗」!回ってきた部品調達戦略のツケ

米アップルが泥沼状態だった米クアルコムとのスマートフォンの特許をめぐる知的財産紛争で全面和解に踏み切った。先に拳を振り上げたのはアップル。5Gへの乗り遅れ懸念から、ついにサプライヤーに頭を下げる構図となった。アップルは、なぜつまずいたのか?

記事を読む
アップルに立ちふさがるiPhoneの「2020年問題」とは?

アップルに立ちふさがるiPhoneの「2020年問題」とは?

米アップルの主力商品であるiPhoneに「2020年問題」が立ちふさがっている。現行の20倍もの高速大容量データ通信を実現する5Gサービスが2020年に本格稼働するが、これに同年発売の次々世代iPhoneが対応できない可能性が高まっている。

記事を読む
「楽天」の携帯電話事業のカギ握る米アルティオスター

「楽天」の携帯電話事業のカギ握る米アルティオスター

楽天が2019年10月に予定している携帯電話事業のスタートに向けて、モバイル通信技術を持つ米アルティオスターに資本参加することを決めた。ただ、対米外国投資委員会の承認が必要であり、出資が実現するかどうかは不透明だ。

記事を読む
コンサルタント・山口周が推薦!「名経営者」のすごい意思決定を追体験する本

コンサルタント・山口周が推薦!「名経営者」のすごい意思決定を追体験する本

本の専門家たちが独自の切り口でおすすめ本を紹介する「honto」の「ブックツリー」。今回はコンサルタント・山口周おすすめの「『名経営者』のすごい意思決定を追体験する本」を紹介します。名経営者たちも直面した修羅場や悩みとは?

記事を読む
ビジネスコーチ・板越正彦が推薦!「自己成長のために、自分が知らない世界を覗ける」本

ビジネスコーチ・板越正彦が推薦!「自己成長のために、自分が知らない世界を覗ける」本

本の専門家たちが独自の切り口でおすすめ本を紹介する「honto」の「ブックツリー」。今回は、ビジネスコーチ・板越正彦が「自己成長のために、自分が知らない世界を覗いてみよう」をテーマに、自己啓発本を紹介します。やる気スイッチをオンしてみては?

記事を読む
【蘇寧グループ】家電量販店のラオックスを傘下に―セリエAの「インテル」も買収

【蘇寧グループ】家電量販店のラオックスを傘下に―セリエAの「インテル」も買収

中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は2011年に家電量販店のラオックスを傘下に収めた「蘇寧グループ」を取り上げる。2016年には伊プロサッカーリーグ、セリエAの名門クラブ「インテル」を買収した。

記事を読む
コンサルのプロ・高野研一推薦!「新しいモノの見方を発見する力を養う」ための本

コンサルのプロ・高野研一推薦!「新しいモノの見方を発見する力を養う」ための本

本の専門家たちが独自の切り口でおすすめ本を紹介する「honto」の「ブックツリー」。今回は、ビジネスリーダー育成、コーポレートガバナンスなどの領域でコンサル活動を行う高野研一が登場。「新しいモノの見方を発見する力を養う」本を紹介する。

記事を読む
2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017年M&Aの“アラカルト10選”! 編集部独自に話題、出来事をピックアップしました。

記事を読む
安売り東芝あれどベタ凪だった2017年、来年は波乱の予感も…企業買収で振り返る半導体業界

安売り東芝あれどベタ凪だった2017年、来年は波乱の予感も…企業買収で振り返る半導体業界

無風で終わった2017年の半導体業界でのM&A。しかし、火種はくすぶっている。

記事を読む
M&Aに積極的な百度(バイドゥ)動画サイトPPS影音の買収

M&Aに積極的な百度(バイドゥ)動画サイトPPS影音の買収

ユーチューブを見ることができない中国においては、数多くの動画サイトが存在する。2013年に百度は3.7億米ドル(約373億円 )でPPS影音を買収し、傘下の動画サイト「愛奇芸(iQiyi アイチーイ)」との統合を発表した。 2012年に当時最大手の優酷(youku)と土豆網(tudou)が合併するなど、業界再編の動向が注目される。

記事を読む
【ゴールドマン・サックス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<2>

【ゴールドマン・サックス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<2>

M&Aのアドバイザーとしても活躍する外資系金融機関。名前はよく耳にするけど、実は どんな金融機関なのかよく知らないという人もいるのでは? そこで、各社の沿革、日本 法人の情報、日本企業に関連した主なM&A案件などをまとめてみました。今回は、1869に創業、米ニューヨークを本拠地とするゴールドマン・サックスを取り上げます。

記事を読む
【米国ベンチャーM&A】伝説のベンチャーキャピタリストとサンフランシスコ現代美術館​

【米国ベンチャーM&A】伝説のベンチャーキャピタリストとサンフランシスコ現代美術館​

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート!今週はシスコがネットワークセキュリティ会社のObservable Networksの買収を発表したニュースを取り上げます。

記事を読む