2020年秋に投入される「iPhone12」の予想スペックが次々と明らかになってきた。第5世代移動体通信(5G)対応をはじめ、大型のフルモデルチェンジとなりそうな「12」。同時に廉価版モデル「iPhone SE」の次期モデルにも大きな影響を与えそうだ。

次々と明らかになる「12」のスペック

「iPhone11」シリーズに続く正規モデル「12」のスペック予測が次々と明らかになっている。最上位機種の「Pro」だけでなく全モデルで5Gに対応し、現在は「Pro」のみに搭載している有機EL(OLED)ディスプレーも標準化されるという。

全モデルが有機EL化することで、サプライヤーも現行の韓国サムスンディスプレーと同LGディスプレーに、中国BOEが加わる。注目すべきはLG向けの発注量で、実に2000万枚のOLEDパネルを受注したという。サムスンの受注数は5500万枚と3倍近いが、現在のLGの受注量はテスト的な少量発注だったことを考えれば「大躍進」である。

現行の「11」シリーズはベースモデルの「11」(6.1インチ)と最上機種の「11 Pro」(5.8インチ)、最上位機種で大画面版の「11 Pro Max」(6.5インチ)の3モデルを販売している。「12」シリーズでは「12」(5.4インチ)。「12 Max」(6.1インチ)、「12 Pro」(同)、「12 Pro Max」(6.7インチ)の4モデルを発売する見通しだ。「12 Pro」と「12 Pro Max」には、現行の「iPad Pro」同じく拡張現実(AR)機能を強化するLiDARスキャナーが搭載されるという。

「iPhone 12 Pro」シリーズでは3眼カメラに加えてAR用センサーも装備される(同社ホームページより)

驚くべきは価格だ。「12 Pro」「12 Pro Max」は、現行の「11 Pro」「11 Pro Max」と同じ999ドル(日本での税別価格10万6800円)と1099ドル(同11万9800円)に据え置くという。さらに新たなベースモデルとなる「12」は現行の「11」の699ドル(同7万4800円)よりも安い649ドル(約6万9800円)に設定する見通しだ。

そうなると気になるのが廉価版の次期モデル「SE3」の行方だ。2020年4月に発売された現行の新型「SE」は、当初予想を裏切り「11」シリーズと同じ最新のCPU「A13 Bionic」を採用する一方で、「iPhone 8」のボディーを流用してディスプレーも4.7インチに抑え、カメラ機能を絞るなどでコストを抑えている。