M&A速報

キヤノン<7751>、デジタルカメラ製造の宮崎ダイシンキヤノンを完全子会社化

2017/04/26

キヤノンは、持ち分法適用会社でデジタルカメラを製造する宮崎ダイシンキヤノン(宮崎県木城町。売上高521億円、営業利益4億5400万円、純資産31億8000万円)を株式交換により完全子会社化することを決議した。現在の所有割合は50%。重要な戦略の意思決定を迅速に実行できる体制を構築するためで、カメラ市場での地位向上を目指す。

株式交換比率はキヤノン:宮崎ダイシンキヤノン=1:591で、宮崎ダイシンキヤノンの普通株式1株に対してキヤノンの普通株式5.91株を割り当て交付する。株式交換実施予定日は2017年6月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

2020/06/24

米アップルが2020年にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPUをインテル製からARMアーキテクチャー​の「Apple Silicon」へ切り替える。実は同社とアップルの関係は深い。そもそもARMはアップルが誕生させた会社なのだ。

ラグビーワールドカップに選手を送り出す企業とは

ラグビーワールドカップに選手を送り出す企業とは

2019/10/09

日本ラグビーフットボール協会のホームページで紹介されている日本チームのメンバーは31人で、いずれも企業のラグビーチームに所属している。どんな企業が日本代表選手を送り出しているのだろうか。

東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

2018/09/07

東芝が紆余曲折の果てに半導体子会社を売却して3カ月が過ぎた。「虎の子」と呼ばれた東芝メモリを売却せざるを得なくなったのが、原子力事業を手がけていた子会社の米ウェスチングハウスの経営破綻に伴う巨額の損失だった。その会計処理には問題が多かった。

うっかり間違いやすい会社名3選(キヤノン・富士フイルム・三和シヤッター)

うっかり間違いやすい会社名3選(キヤノン・富士フイルム・三和シヤッター)

2018/04/14

新社会人のみなさんもベテランビジネスマンもつい「うっかり」間違えてしまいがちな会社名を、M&A Online編集部がピックアップしてみました。M&Aの小ネタとあわせてお楽しみください。

【リコー】「再成長」へM&A投資  2000億円

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

2018/02/15

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

2018年 M&Aのツボは?

2018年 M&Aのツボは?

2018/01/02

2018年の幕開け。今年のM&Aの見どころ、勘どころはどこに。

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017/12/30

2017年M&Aの“アラカルト10選”! 編集部独自に話題、出来事をピックアップしました。

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

2017/11/29

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入や事業拡大が活発化するのは間違いなさそうだ。

巨額の「のれん」を計上している会社ランキング その特徴は?

巨額の「のれん」を計上している会社ランキング その特徴は?

2017/11/22

のれんの計上額が巨額になると、のれんの減損処理の影響が心配になる。だが、リスクはそれだけではない。のれんの一部には配当規制がかけられている。万が一、経営破たんなどがあった場合、のれんは弁済手段にはならず、清算価値がないことにも留意したい。

M&Aで振り返る2016年 大型買収、再編の当たり年に

M&Aで振り返る2016年 大型買収、再編の当たり年に

2016/12/31

ソフトバンクグループの英アーム買収、日産自動車の三菱自動車出資など2016年は大型M&Aの当たり年でした。話題になったM&Aニュースを通じて16年を振り返ります。

「親子上場の問題(その1)」

「親子上場の問題(その1)」

2016/07/25

日本は親子上場している会社が多い。ソフトバンクとヤフー、日立グループ、NTTとNTTドコモ、キヤノンとキヤノンマーケティングなど有名企業が多く親子上場している。海外では、ロシアのガスプロムのように親子上場しているケースはあるが、少数派だ。今回は、親子上場のメリットとデメリットについて紹介する。

【キヤノン】東芝メディカルシステムズ買収の先に見据えるものは?

【キヤノン】東芝メディカルシステムズ買収の先に見据えるものは?

2016/06/11

M&Aを活用することで、光学機器、OA機器の製造からソフトウェアの開発まで事業ドメインを拡大してきたキヤノン。今年3月には、東芝から6655億円もの巨額の金額で東芝メディカルシステムズを買収している。キヤノンのM&Aを業績・財務状況などの観点から分析する。

【現場の声】有機ELトップシェアを誇るキヤノントッキ、買収と譲渡の経験とM&Aのポイントとは?

【現場の声】有機ELトップシェアを誇るキヤノントッキ、買収と譲渡の経験とM&Aのポイントとは?

2016/04/13

「会社はオーナーだけのものではない。」M&Aを戦略として買収と譲渡を経験し、世界有数の企業に成長させた、キヤノントッキ創業者津上健一氏が語るM&Aに重要なこととは?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5