トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >赤字転落の「JBイレブン」がラーメン店など6店を閉店 戦略の変更は 

赤字転落の「JBイレブン」がラーメン店など6店を閉店 戦略の変更は 

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
東京・丸の内の店舗

ラーメン専門店「一刻魁堂」や、麻婆豆腐と炒飯の専門店「ロンフーダイニング」などを運営するJBイレブン<3066>は2020年7月から、全92店中収益の改善が見込めない6店ほどを順次閉店する。 

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い外食産業が厳しい環境に晒されていることから経営の合理化を進めるのがその理由だ。 

同社は2018年6月に策定した2021年3月期を最終年度とする中期経営計画でM&Aの積極化を、2019年5月に見直した2022年3月期を最終年度とする中期経営計画ではスクラップアンドビルドの加速を基本戦略として掲げた...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY