キヤノンは、ネットワークビデオソリューションを開発・販売するスウェーデンのアクシス(ルンド市。売上高770億円、純資産155億円)の全株式をTOB(株式公開買い付け)により取得し子会社化すると発表した。アクシス創業者を含む上位3株主(合計で約39.5%を保有)がTOBへの応募に同意している。

キヤノンはネットワーク監視カメラ事業を今後のグループの成長原動力として位置付けている。アクシスを取り込み、ネットワークシステム製品を扱う販売・サービス網の拡充を図る。

買付価格は1株あたり約4804円で、公表前営業日の終値に対して49.8%のプレミアムを加えた。買付予定総額は3330億円。公開買付は2015年3月初旬に開始する予定。