電通<4324>は1906年設立。光永星郎が01年に設立した日本広告及び06年に設立した日本電報通信社の2社が合併し発足した。36年、日本電報通信社が有したニュース通信部門を売却し、広告代理店専業となる。

 2015年3月期よりIFRSを適用しているため、決算短信上の収益(ネット売上高)は7064億円であるが、「顧客に対して行った請求額及び顧客に対する請求可能額の総額」として公表しているグロス売上高は連結で4兆5260億円。2位の博報堂(連結売上高:1兆1130億円)、3位のアサツーディ・ケイ(連結売上高:3519億円)を大きく引き離し、国内広告業界の首位を独走している。

 電通は日本のみならず、15年の売上総利益に基づく広告コミュニケーション産業のランキング(『アドバタイジング・エージ』誌発表)においても世界5位を記録する、グローバルな企業集団である。

 そうは言っても、今でこそグローバルな地位と活発なクロスボーダーM&Aのイメージを持つ電通であるが、意外にも10年頃までは国内での売上高が90%以上のドメスティックな企業であった。00年代前半までの海外展開は主に日本の電通を海外に輸出するというスタイルで、自前で拠点をつくり、人を雇うことで海外への足掛かりを得る形を取っていた。

 転機となるのは13年4月の英国イージス社の買収であるが、まずはそれ以前をかいつまんで見て行きたい。