menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【カカクコム】買収後の連携と資産の共有により、各サービスの成長を加速化

Cover a91a9856 dacb 47b0 b732 29e3102b1f5d
※画像はイメージです

 カカクコム<2371>は、家電製品などの料金比較サイト「価格.com」や飲食店の口コミを提供する「食べログ」を中心としたインターネット関連サービス事業を行う企業である。

 同社は1997年に購買支援サイト「¥CORE PRICE¥」の運営会社、有限会社コアプライスとして設立された。2000年にはサイト名称を現在の「価格.com」に、組織も株式会社カカクコムに変更している。02年にデジタルガレージの子会社となり、03年に東証マザーズに、05年には東証一部に上場を果たした。その後デジタルガレージ保有株式の半数はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)に譲渡され、12年にはCCCの保有株式の多くは電通に譲渡されており、成長のタイミングで大株主が変遷してきた会社である。

(カカクコム開示資料より)

 同社の事業のセグメントとしては、大きくはインターネットメディア事業と、ファイナンス事業(生保、損保の代理店業務)に分かれ、前者は価格.comと食べログ、そしてその他新興メディアの3つに細分化される。

 創業時から一貫して同社の主力ビジネスである価格.comは、パソコンや家電をはじめ、フードやドリンク、インテリア、コスメなど多様なジャンルの商品の販売価格、ブロードバンドや携帯などの通信費、さまざまなサービスの価格やクチコミ情報を集約して提供しており、年間利用者数は5,000万人を超える。

 また05年3月にサービスを開始したグルメのランキングとクチコミサイト「食ベログ」も、年間利用者数は価格.comを超える7,000万人に達しており、有料会員は150万人を突破、近年、売上高でも肩を並べる規模にまで成長している。それら主力2事業に加え、現在提供している新興メディアは10を超える。その中には不動産住宅情報サイト「スマイティ」や、ファッション・雑貨・インテリアに関するキュレーションメディア「キナリノ」といった自社で開発したWebメディアがある一方、M&Aによって取り込んだサービスも多くある。

■カカクコムの行った主なM&A

年月 事業概要
2004.10 ホテル予約サイトを運営するyoyaQ.comの営業権をエス・ワイ・エスから2億円で譲受け
2005.1 インターネット旅行関連サイトを運営しているフォートラベルを12億5000万円で買収
2007.4 総合映画サイトを運営しているエイガ・ドット・コムの70%を取得し、子会社化
2014.3 航空券付き予約システムを提供しているタイムデザインの第三者割当増資を引き受け、子会社化
2014.11 自動車専門サイトを運営している日経デジタルコンテンツの66.5%を2億3000万円で取得し子会社化

 例えば04年10月に営業権譲渡を受けたホテル予約サイトyoyaQ.com。直前のキャンセルや特別な理由によって割引されるプランを中心に、ホテル・旅館を格安料金で予約できるサービスである。当初は会員数が4万人、サービス内容は当日予約限定というものであったが、現在では会員数は60万人を超え、宿泊の数カ月前から予約ができるサービスへと進化している。

 05年1月には、旅行のクチコミと比較サイトを運営するフォートラベルを子会社化、“みんなでつくるオンライン旅行ガイド”をコンセプトに、ユーザーから投稿された国内外の旅行情報を掲載しており、ホテルやツアー、航空券などの旅行商品を比較・検討できるサービスも提供している。一方で07年にはヤフーに16.5%を譲渡するなど、外部企業との連携も図りつつ、14年には自社サービス「食べログ」のレストラン予約システムを活用し、旅行者のクチコミを参考にしながら、レストラン予約が可能になるなど、グループ内での連携も図っている。

 07年4月には総合映画サイト「映画.com」を運営するエイガ・ドット・コムの70%を取得し子会社化した。ハリウッドやヨーロッパから集めた最新映画情報や、プロの評論家と編集部による独自の映画評のほか、ユーザーから寄せられた評価など、映画に関する幅広い情報を提供しており、月間の閲覧者数は 25万人と国内の独立系映画情報サイトとしては最大級の規模を誇っている。

 14年3月には航空券やレンタカーなどと合わせて宿泊施設の予約が行える“ダイナミックパッケージ”をシステム化し、宿泊施設に提供しているタイムデザインが第三者割当増資を実施するに当たり、総額2億円のうち約1億8000万円分を引き受け、連結子会社とした。現在では旅行事業の統括部署を新設し、前記したyoyaQ.com、フォートラベルとの連携強化、資産の共有により成長を加速させている。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【じげん】時価総額1兆円を目指す! ジゲノミクスにおけるM&A

【じげん】時価総額1兆円を目指す! ジゲノミクスにおけるM&A

世の中に分散された情報とユーザーをつなぐライフメディアプラットフォーム事業を主に展開する、じげん。時価総額1兆円企業を目指し、主力事業の領域展開の拡大、サービス展開地域の拡張、ビジネスモデルの多角化を行う戦略に、M&Aを活用している。2014年3月から行った主なM&Aを見てみる。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91