2014年5月、社内カンパニーの「kyu」を発足からM&Aを強化しだした博報堂DYホールディングス。電通のように買収による派手な規模的な成長を得るのではなく、アシュトン・コンサルティング、Digital Kitchenの買収に見られるように、世界に通用するノウハウの買収を仕掛けている。

 シナジーによってオーガニック成長を促すのが当面の方向性か? 業績やBSの推移から探る。

世界に通用するノウハウの買収を仕掛け、電通と異なる成長を

 博報堂DYホールディングス<2433>は、博報堂を中心とする広告代理店の持株会社である。

 グループの中核である博報堂は、1895年に教育雑誌の広告取次社として創業された。1950年に「内外通信社」に商号変更された際も広告部門は「内外通信社広告部博報堂」と称して名を残し、55年に再度「博報堂」に戻る。2001年に広告会社である大広、読売広告社と提携。2003年10月に3社の株式移転によって博報堂DYホールディングスが設立された。05年に上場。

 博報堂DYホールディングスの16年3月期の連結売上高は1兆2152億円であり、電通に次いで国内広告業界2位の広告代理店である。3位以下とは一線を画する二大巨頭として博報堂とともに「電博」と称される。

 日本国内首位であり、世界有数の広告会社となった電通とも比較しながら博報堂DYホールディングスのM&A経歴を見ていきたい。