menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【博報堂DYホールディングス】世界に通用するノウハウの買収を仕掛け、電通と異なる成長を

Cover 95b16f0e c2ae 4366 b2a2 8a5b6533b04a
※画像はイメージです

2014年5月、社内カンパニーの「kyu」を発足からM&Aを強化しだした博報堂DYホールディングス。電通のように買収による派手な規模的な成長を得るのではなく、アシュトン・コンサルティング、Digital Kitchenの買収に見られるように、世界に通用するノウハウの買収を仕掛けている。シナジーによってオーガニック成長を促すのが当面の方向性か? 業績やBSの推移から探る。

世界に通用するノウハウの買収を仕掛け、電通と異なる成長を

 博報堂DYホールディングス<2433>は、博報堂を中心とする広告代理店の持株会社である。

 グループの中核である博報堂は、1895年に教育雑誌の広告取次社として創業された。1950年に「内外通信社」に商号変更された際も広告部門は「内外通信社広告部博報堂」と称して名を残し、55年に再度「博報堂」に戻る。2001年に広告会社である大広、読売広告社と提携。2003年10月に3社の株式移転によって博報堂DYホールディングスが設立された。05年に上場。

 博報堂DYホールディングスの16年3月期の連結売上高は1兆2152億円であり、電通に次いで国内広告業界2位の広告代理店である。3位以下とは一線を画する二大巨頭として博報堂とともに「電博」と称される。

 日本国内首位であり、世界有数の広告会社となった電通とも比較しながら博報堂DYホールディングスのM&A経歴を見ていきたい。

■博報堂DYホールディングスの行ったM&Aは以下のとおりである。

年月 内容
2006.7 博報堂DYメディアパートナーズを通じて、F1層に特化した広告メディアレップのF1メディアの株式34.42%を第三者割当引受により買収。
2007.4 博報堂DYメディアパートナーズを通じて、映画製作・劇場配給とビデオ・DVDの発売などを行う東芝エンタテインメントの株式100%を買収。
2008.1 店頭マーケティングのアウトソーシングを専門とするメディアフラッグの株式10万株を買収、出資比率・金額共に非公開。
2008.6 連結子会社の読売広告社を通じて、インターネット領域に強みを持つ不動産広告のデベロップジャパン(売上高13億4千万円)の株式20%を第三者割当増資引き受けにより買収。
2008.9 博報堂を通じて、Webインテグレーション事業大手(売上高42億8千万円)のアイ・エム・ジェイの株式20.88%を買収。
2009.5 博報堂DYメディアパートナーズを通じて、スポーツ・コンテンツ・データの販売に強みを持つデータスタジアム(売上高12億8千万円)の株式53.12%を6億1千万円で買収。
2010.11 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを通じて公開買付によりインターネットマーケティング広告を主業とするアイレップ(売上高115億円)の株式を20.55%から53.76%まで9億2千万円で追加取得。
2011.12 博報堂を通じて公開買付により、営業支援、販売促進業務のアウトソーシング事業及び人材派遣事業を行うバックスグループ(売上高110億8千万円)の株式93.55%を31億8千万円で買収。
2012.3 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを通じて公開買付により、インターネット関連広告事業のngi group(売上高53億3千万円)の株式42.38%を18億8千万円で買収。
2013.4 博報堂を通じて、ファッション、スポーツ関連業種の広告事業を行うコスモ・コミュニケーションズ(売上高71億3千万円)の株式100%を14億1千万円で買収。
2014.2 博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを通じて、インターネットマーケティング広告を主業とするアイレップの株式を3.25%ずつ11億4千万円で追加取得。博報堂DYメディアパートナーズが7.85%、デジタル・アドバタイジングが57.08%まで持株比率を引き上げる。
2014.5 米国の専門マーケティングサービス企業であるSYパートナーズの株式100%を買収。
2014.5 米国の専門マーケティングサービス企業であるRed Peak Groupの株式100%を買収。
2015.1 博報堂を通じて、企業広報支援を手掛ける英国のアシュトン・コンサルティングの株式の65%を買収。
2015.6 デジタルコンテンツ製作及びブランド体験創出に特化したDigital Kitchen(米国)の株式100%を買収。
2015.7 カナダのクリエイティブエージェンシーSid Lee Internationalの株式100%を買収。
2016.2 米国の世界的に高名なデザイン/イノベーション会社のIDEO LPの持分30%を取得。将来的に過半数を所有するオプションを保有することに合意。

 08年にはインターネットやECの台頭を見据えてWebインテグレーション事業大手のアイ・エム・ジェイの株式を取得しているが、それ以外の買収対象は主に同業の広告会社である。買収金額・対象の売上規模共に大きくはないのも特徴だ。現在までの時点で売上高が最も大きい買収対象は10年11月に株式を約30%追加取得したアイレップで、売上高は115億3千万円。次いで11年に31億円を投じたバックスグループであり、こちらの売上高は110億8千万円。

アーカイブス

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

総数引受契約による募集株式発行手続の改正とは?

総数引受契約による募集株式発行手続の改正とは?

取締役会設置会社かつ種類株式発行会社である企業が、新規にB種優先株式を発行することになった。注意すべき点とはいったい何なのか。フォーサイト総合法律事務所の司法書士/行政書士 大越一毅氏が解説する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344