menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【じげん】時価総額1兆円を目指す! ジゲノミクスにおけるM&A

Cover 4a70c8de a97b 47ec a5a7 b17cc12f7106
※画像はイメージです

  じげん<3679>は世の中に分散された情報とユーザーをつなぐライフメディアプラットフォーム事業を主に展開している。具体的には特定分野の複数のサイトの情報を統合し、一括して検索や応募、問い合わせを行うことができるEXサイト(転職EX、派遣EXなど)の運営を中心としている。2006年6月設立のベンチャー企業であり、13年11月には東証マザーズに上場し、基本理念である「生活機会の最大化」を進めている。

ジゲノミクスで時価総額1兆円に!

 じげんは「ジゲノミクス3本の矢」と呼ぶ成長戦略により、時価総額1兆円企業を目指している。1本目の矢として主力事業であるライフメディアプラットフォーム事業の領域展開の拡大を進めながら、2本目の矢としてサービス展開地域の拡張を行い、3本目の矢としてビジネスモデルの多角化を行う戦略である。そしてその戦略の実行にあたり、積極的にM&Aを活用している。

(じげん開示資料より)

 はじめのM&Aは14年3月。インターキャピタル証券株式会社(現・株式会社よじげん証券)の全株式を取得し、証券事業に参入した。3本目の矢である、ビジネスモデルの多角化を目的としたものである。個人の現金・預金資産が、証券をはじめとした投資関連資産へシフトすることが中長期的に加速化することを見込んでの参入である。

 14年7月には、人材斡旋業務システム最大手であるブレイン・ラボの全株式を取得し、子会社化した。ブレイン社は、人材紹介会社に向けて、人材紹介業務に関する情報を一括管理可能な業務基幹システムを提供している。本株式取得も3本目の矢としてビジネスモデルの多角化に寄与するもので、ブレイン社の求人業界向けシステムを提供することで、B2B事業領域へと参画する。またブレイン社のB2B基幹業務システム構築の知見を最大限活用することで、ベトナムをはじめとした海外での事業展開の拡張にも取り組んでいくようだ。

 矢継ぎ早に同年9月には、美容ヘルスケア業界支援最大手であるリジョブの全株式を取得し、子会社化した。本株式取得は特に1本目の矢である、ライフメディアプラットフォーム事業の展開領域の拡張に寄与するものである。美容ヘルスケア業界支援最大手のリジョブの求人サービスをはじめとした美容ヘルスケア領域(エステ、セラピスト、ネイル、マッサージ、リフレなど)に参入し、展開領域を拡張させていくようだ。また来店ポイントの獲得や各店舗のチラシの閲覧が楽しめるじげんのアプリ「じげんスタンプ」はリジョブの持つユーザー層と親和性が高いことが想定され、掲載店舗への本サービスの提供などにより、サービスのクロスセル機会も創出できるだろう。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【現場の声】土木管理総合試験所<6171>のトップが語る。M&A活用のメリットと買収後の経営のポイント

【現場の声】土木管理総合試験所<6171>のトップが語る。M&A活用のメリットと買収後の経営のポイント

2015年で30周年を迎える土木管理総合試験所(DK)は、約10年前からM&Aを経営戦略として取り入れ、これまでに5件の買収を実行、成熟した業界において目覚ましい成長を遂げている。そこで創業者である代表取締役社長の下平雄二氏に、経営戦略としてのM&A活用のメリットや買収後の経営のポイントなどについてお話を伺った。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544