ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

どうなる2019年のM&A 後半は息切れか

alt
品川のオフィス街に向かう人たち(2019年1月7日、JR品川駅での出勤風景))

2019年1月7日、2019年のビジネスが本格スタートした。今年は5月に元号が変わる節目の年であり、東京オリンピックを翌年に控え準備が佳境に入る年でもある。さらに、ぎくしゃくした日韓関係や、米中貿易摩擦などに改善の兆しは見えず、株価は下降局面にある。

そうした状況の中2019年のM&A事情はどのようなものになるのか。まずは2018年のM&Aを振り返ってみると…。

2018年のM&Aは件数、金額ともこの8年間で最高

M&A Onlineが適時開示情報をもとにまとめたM&Aデータベースで検索すると、2018年は781件のM&Aがあり、金額は13兆7860億円に達した。これはM&Aデータベースで公開している2011年以降の8年間で件数、金額とも最高になった。

武田薬品工業<4502>が2018年5月8日に発表したアイルランドの大手製薬会社シャイア―買収の約7兆円をはじめ、ルネサスエレクトロニクス<6723>による米国の半導体メーカーIDT買収の7330億円、日立製作所<6501>によるスイスABBの送配電事業買収の7140億円といった具合に、大口のクロスボーダーが活発だったのが記録更新につながった。

ちなみに1000億円以上の大型M&Aは2018年は20件あり、このうち19件がクロスボーダーであった。クロスボーダーの総件数は174件で、全体の22.3%を占めた。

これまでの最高は、件数では2017年の754件、金額では2016年の12兆4308億万円、1000億円以上の大型M&Aの件数は同じく2016件の20件であった。

一本調子の右肩上がりではないものの、件数、金額、1000億円以上の大型M&Aの件数はかつてない高い水準にある。では2019年もこの調子で活況のまま推移するのだろうか。

M&A件数 取引総額 1000億円以上のM&A
2018年 781件 13兆7860億円 20件
2017年 754件 7兆3316億円 14件
2016年 721件 12兆4308億円 20件
2015年
653件 5兆9090億円 11件
2014年 665件 3兆6237億円 7件
2013年 640件 3兆954億円 6件
2012年 748件 6兆8584億円 12件
2011年 680件 4兆8512億円 8件

NEXT STORY

【2018年12月M&Aサマリー】買収63件、年間トップ10の大型案件が2つ

【2018年12月M&Aサマリー】買収63件、年間トップ10の大型案件が2つ

2019/01/02

東証「適時開示」ベースで、2018年12月の買収件数は63件。日立製作所がスイスの重電大手ABBの送配電事業を7140億円で取得するのを筆頭に、日本企業による海外M&Aは12件。再建中のパイオニアは香港投資ファンドの傘下入りが本決まりに。

関連のM&Aニュース