富士電機は、ルネサスエレクトロニクスの100%子会社であるルネサス北日本セミコンダクタ(北海道七飯町)から半導体製造の津軽工場を取得すると発表した。ルネサス北日本セミコンダクタが会社分割により津軽工場を新設会社に承継したうえで、富士電機は同会社の全株式を取得する。取得価額は38億2000万円。取得予定日は2012年7月1日。

富士電機は今回の取得により、エネルギーや環境事業を支える主要製品で、今後も産業機器や自動車、新エネルギー分野を中心に拡大が見込まれるパワー半導体事業を拡大する。また、津軽工場の自動車電装向け製品を取り込むことで、事業ポートフォリオの拡充が可能となる。