ルネサス エレクトロニクスは、産業革新機構、トヨタ自動車、日産自動車、ケーヒン、デンソー、キヤノン、ニコン、パナソニック及び安川電機を割当先とする第三者割当増資の実施を決議した。増資後は産業革新機構(東京都千代田区。売上高200万円、純資産1430億円)の持株比率が69.16%となり、ルネサス エレクトロニクスは同社の子会社となる。

調達した資金は、マイコンの先端プロセス開発及び開発基盤の標準化に係る投資、生産(試作・量産)に係る設備投資、自動車向け半導体におけるソリューション投資、産業向け半導体におけるソリューション投資、および経営基盤再構築のための開発投資等に充当し、製品力の強化を通じた利益率の向上、財務・事業基盤の強化を図る。

払込価格の総額は1500億円。払込期日は2013年9月30日。