M&A速報

ルネサスエレクトロニクス<6723>、米半導体メーカーIDTを7330億円で買収

2018/09/11

ルネサスエレクトロニクスは米半導体メーカーのインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT、カリフォルニア州)を買収することで合意したと発表した。IDTの全株式を67億ドル(約7330億円)で取得し、完全子会社化する。買収額は日本の半導体メーカーとして過去最大となる。

自動運転やEV(電気自動車)、HEV(ハイブリッド電気自動車)といった車載分野で需要拡大が見込まれる通信用半導体の開発力強化や製品の相互補完を目的とする。ルネサスは2017年に同業の米インターシルを約3200億円で買収しており、車載市場を中心に攻勢を強めている。

IDTは1980年設立で、データセンターや通信インフラ向けにデータの取得・保存・伝送を行う通信用半導体を主力とする。ルネサスは同社を取り込むことにより、これらデータエコノミー関連分野で事業を拡大するとともに、本命である産業・自動車分野での顧客提案力の向上を目指す。

自動車各社が開発を競っている自動運転分野では走行の安全のために大量のデータをやりとりするため、高性能な通信半導体が欠かせない。車載以外でも5G(第5世代移動通信システム)が世界的に整備が進む中、需要拡大が見込まれている。

IDTは米ジャスダックに上場し、直近業績は売上高927億円、営業利益122億円、純資産710億円。買収金額7330億円のうち、6790億円は銀行から借り入れる。買収はルネサスが米に設立する買収子会社(特別目的会社)とIDTを合併させる「逆3角合併」方式で行う。IDTの株主総会の承認、関係各国の独禁法当局の承認などを得たうえで、2019年6月までに買収を完了する。

ルネサスは世界トップクラスにある自動車向け半導体に加え、IoT(モノのインターネット)分野インダストリー4.0(製造業の第4次生産革命)や5Gに代表される産業、インフラ分野、IoT(モノのインターネット)分野を成長戦略の柱としている。2017年に傘下に収めたインターシルは自動車や産業機械などの電圧制御用半導体を得意とする。これに続く今回のIDT買収により、一連の成長戦略を加速する。

ルネサスは日立製作所と三菱電機の半導体部門が統合した旧ルネサステクノロジと、NECエレクトロニクスが合併して2010年に誕生。2017年12月期の売上高は7803億円。

M&Aデータベース

関連の記事

ルネサスエレクトロニクス…「日の丸半導体」の真の旗手になれるか?|ビジネスパーソンのための占星術

ルネサスエレクトロニクス…「日の丸半導体」の真の旗手になれるか?|ビジネスパーソンのための占星術

2021/06/09

ルネサスエレクトロニクスは日立製作所、三菱電機、NECの半導体部門をルーツとするルネサス。「日の丸半導体」復活の期待を背負う同社の行方は。占星術的な観点からながめてみると。

日立、パナソニック、ルネサス…なぜ「大型買収」で株価が下がる

日立、パナソニック、ルネサス…なぜ「大型買収」で株価が下がる

2021/04/02

2021年に入り、日本企業による大型のクロスボーダー(海外)M&Aが相次いでいる。しかし、いずれも公表直後に買い手企業の株価が下落する事態に。なぜ大型クロスボーダーM&Aは投資家から嫌われるのか?そこには日本企業による「失敗の歴史」がある。

【2月M&Aサマリー】95件、13年ぶりの高水準|ルネサスが英半導体を6000億円超で買収

【2月M&Aサマリー】95件、13年ぶりの高水準|ルネサスが英半導体を6000億円超で買収

2021/03/04

2021年2月のM&A件数(適時開示)は前年同月を14件上回る95件と、2月として2008年(95件)と並ぶ13年ぶりの高水準を記録した。年明け1月は53件で前年同月比21件の大幅減だったが、急反転した。一方、取引金額は約1兆1700億円と2008年2月の3倍の規模で、この間の最高額となった。

【希望退職募集】上場企業で今年すでに7社、前年超えは必至?

【希望退職募集】上場企業で今年すでに7社、前年超えは必至?

2019/03/20

上場企業の間で希望退職者を募集する動きが広がりつつある。昨年は年間を通じて12社(東京商工リサーチ調べ)だったが、今年は3カ月足らずですでに7社に上る。このままのペースが続けば、前年件数を上回るのは時間の問題だ。

【希望退職募集】年明けから相次ぐ、アルペン・カシオ・協和発酵キリンは初めて

【希望退職募集】年明けから相次ぐ、アルペン・カシオ・協和発酵キリンは初めて

2019/02/14

2019年に入って「希望・早期退職」の募集を発表する企業が相次いでいる。昨年は年間12社(東京商工リサーチ調べ)だったが、年明けからひと月余りで5社に上る。このうち、アルペン、カシオ計算機、協和発酵キリンは設立以来初めてだ。

どうなる2019年のM&A 後半は息切れか

どうなる2019年のM&A 後半は息切れか

2019/01/07

2019年のM&Aは後半に息切れする可能性がある。日本企業の業績、欧米企業の業績によっては、ここ数年注目を集めてきたクロスボーダーを中心とする大型のM&Aが影を潜めるかもしれない。

ルネサス、米半導体「IDT買収」今年2位の大型M&A

ルネサス、米半導体「IDT買収」今年2位の大型M&A

2018/09/12

ルネサスエレクトロニクスが7330億円で米半導体メーカーのインテグレーテッド・デバイス・テクノロジーを買収する。買収金額は日本企業のM&Aとして今年2番目。1000億円超は今回のルネサスを含めて11件だが、10件は海外企業がターゲットだ。

【日本電気(NEC)】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティー事業を強化する「勝算」は?

【日本電気(NEC)】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティー事業を強化する「勝算」は?

2018/02/01

NECが今世紀4回目となるリストラを断行する。今回のリストラでは、ものづくり関連事業を大胆にカットする一方で、情報システムやサービスといったソフトウエア関連事業に力を入れる。その要となるのが2018年1月の大型M&Aで強化したセキュリティー事業だ。

安売り東芝あれどベタ凪だった2017年、来年は波乱の予感も…企業買収で振り返る半導体業界

安売り東芝あれどベタ凪だった2017年、来年は波乱の予感も…企業買収で振り返る半導体業界

2017/12/26

無風で終わった2017年の半導体業界でのM&A。しかし、火種はくすぶっている。

投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

2017/07/05

​東芝は、2017年6月21日の取締役会で、半導体子会社の売却先として、官民ファンドの産業革新機構、米国買収ファンドのベインキャピタル、日本政策投資銀行などが参加する企業連合と優先交渉することを決定した。企業連合側が提示する買収額は2兆円に上るという。前回に引き続き、投資ファンドがM&Aの舞台裏で見せる動きを追ってみたい。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5