「AI(人工知能)に代替される可能性が高い職業ランキング」のようなものを最近色々なところで見かける。そして、その上位ランカーとしていつも名を連ねているのが、「会計士」という仕事だ。

そのため、「いざ会計士になれたとしても、自分が会計士になる頃には仕事がなくなってしまっているのでは?」ということを懸案して、会計士を目指すかどうか迷われている人も多い。今日は、会計士のどのような仕事がAIに代替される可能性が高く、逆にAIに代替されない会計士の仕事は何なのか? ということについて考えてみる。

監査業務の多くは代替が必至?

会計監査は、公認会計士の独占業務であり、最も多くの会計士が行う仕事だ。結論から言うと、会計監査の多くは、AIに代替される可能性が高いと考えられる。

例えば、会計監査の業務内容の一つに「残高確認」というものがある。これは、監査対象会社が計上している預金や売掛金などの残高が正しいかを確かめるために、監査人が直接金融機関や得意先に対して確認状を送付し、回答された残高と計上残高が一致しているかを確かめる手続であるが、いまだに多くの場合、この確認状のやりとりは紙で行われている(驚くかもしれないが、この残高確認を行うために会計士やその補助者が封詰から切手貼りまでそれなりに時間をかけて行なっている)。

そして、回答金額が一致しているか、回答内容に漏れがないかを確認し、不一致があったり漏れがある場合は、確認状の再発送などを行う。このように不一致や漏れの確認といった作業は、確認状自体が電子化されれば自動的に実施される可能性が高い。不一致が生じている原因の究明自体は監査人が実施する必要があるが、回答が残高と一致しているかどうかの確認及び入力漏れの有無の確認は、人間が行うよりもずっと速く、かつ正確に行ってくれると考えられる。

その他にも、売上高の残高が物品受領書をはじめとする外部証憑などと整合しているかを確かめる「証憑突合」や、棚卸資産のテストカウント、有価証券報告書の表示チェック、内部統制監査における運用評価手続きなど、多くの監査業務が自動化される可能性が高いと考えられる。

写真はイメージです