トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >タイミングの見極めが大切!M&Aと適時開示の関係 しっかり学ぶM&A基礎講座(41)

タイミングの見極めが大切!M&Aと適時開示の関係 しっかり学ぶM&A基礎講座(41)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

東京証券取引所が運営する「適時開示情報閲覧サービス」のサイトを眺めてみると、様々な情報が次から次へと開示されていくことが観察できます。こうした適時開示情報は、投資家に対して投資判断材料をタイムリーに提供するものであり、健全な市場取引の根幹をなすものといえます。

企業がM&Aを実施するという情報も投資判断材料として重要なものです。そのため、当然、適時開示の対象にもなります。今回は、適時開示制度の概要とM&Aの関係について確認してみたいと思います...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY