トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >財務デューデリジェンスにAI導入は進むのか?

財務デューデリジェンスにAI導入は進むのか?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

人工知能(AI)を導入して膨大な業務量を要するM&A実務の効率化が進みつつある。法務実務ではAIの画像認識処理技術を活用し、大量の契約書を読み込み、重要または異常な契約条項を発見する技術が米国などで実用化されている。バリュエーション(企業価値評価)業務でも、経営者が経営計画と業種を示すことにより、AIが瞬時に妥当な企業価値を算定する試みがドイツなどで行われている。

その一方で、財務デューデリジェンスはAIの適用事例がまだ見られない業務分野だ。財務デューデリはAIを導入する必要性に乏しいのだろうか...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY