【アメリカ西海岸リサーチその2】
イギリスとアメリカを見て感じたデジタルコマース化、オムニチャネル化の違い

今回のアメリカ西海岸視察は昨夏のロンドンに続いて、日本のデジタルコマース化やオムニチャネル化の近未来のヒントを得ることが主な目的だったわけですが、両国の物流や宅配事情によってチェーンストア各社が何に投資しているかが違うのだなと感じたものでした。

これは、英米ともに、宅配業者がそのスピードや時間指定という点であてにならないのが共通点のようで オンラインで注文して、顧客に宅配するのに倉庫から顧客宅の距離にもよりますが、伝統的な宅配業者を使っていたら、
英国で3-4日営業日くらい
米国で5日営業日くらい
が標準ではないかと思いました。

いずれも、あくまでも今回の渡航中にオンラインで注文してホテルへ宅配にしたらどれくらいかかるかを調べて感じた日数です。

ちなみにアメリカが店舗に在庫を持たず、試着だけをさせてオンラインで注文をする ショールーム店舗として注目されている 紳士服BONOBOSボノボスの店舗で注文したシャツは、同社倉庫からポートランドの同社店舗に送るだけでも、中5日と言いながら宅配業者であるUPSは中継地で2回遅延し、結局、土日含めて到着に2週間かかり、渡航中に受け取れなかった筆者は国際便で送ってもらうことになり・・・結局、購入日から5週間後にようやく商品を手にしたという始末。米国事情に詳しい方にお話しを伺うとそれが米国の宅配の実態かもとのことでした(笑)

クリックアンドコレクト
クリック&コレクト (c)齊藤孝浩

BONOBOSのこの一件は、「たまたま」かも知れませんが・・・宅配業者がそんな状況なので、チェーンストア各社はアマゾンのプライムが自ら物流を構築することで塗り替えている宅配スピードの新常識に対抗するため、国土の狭い英国では、店舗網を活用し、自社物流に乗せて、Click&Collect_selfridge 店舗で受け取ってもらうために 倉庫→店舗 の物流に投資をすることによって・・・夜の12時までの注文を翌日の午後以降であれば指定店舗で受け取ることができるという「クリック&コレクト」を実現したようです。

ロンドンの視察から日本でのクリック&コレクトの普及を考える一方、国土の広いアメリカでは 前回のエントリー(記事はこちら)の通り、顧客の近くにある店舗毎の商品在庫を活かすことを考えたのでしょう。