法人需要をつかむためのARMアーキテクチャー

これまでアップルは「法人に弱い」とされてきた。これは法人向けのシステムがインテルのCPU上で稼働する米マイクロソフトの「ウィンドウズOS」で構築されていたため。法人市場でアップルの「MacOS」が主流なのは、印刷や医療向けの画像システムなど極めて限定的だ。アップルは2006年にインテルCPUを採用し、「Mac」シリーズ上でウィンドウズのソフトが稼働できるようにして細々と法人需要に対応してきた。

しかし、そうした「ウィンドウズ・インテル(ウインテル)」陣営一辺倒だった法人需要にも変化が見られる。一つはバーコードなどのモバイル決済の流れだ。小規模な飲食店や商店がキャッシュレス対応のために導入する安価な決済システムだが、アップルのiPhoneやiPad、iPod touchなどのモバイル向けのiOS端末の導入が目立つ。これはウィンドウズ陣営がモバイルOS開発に挫折し、「空白地」になっている影響が大きい。

もちろんモバイルOSには「アンドロイド」という強力なライバルが存在するが、「Macは個人向け、ウィンドウズは法人向け」というパソコン市場とは逆に「iOSは法人向け、アンドロイドは個人向け」というのがモバイル市場の評価となっている。これはiOSの方が歴史が長いのに加えて、セキュリティー性能が高いとみられているからだ。

実は、このiOS端末のCPUがARMアーキテクチャーなのだ。Apple Siliconの採用は「ビジネスユースに強い」iOSのアーキテクチャーをパソコンの世界でも採用することにより、法人需要の本格的な開拓を狙っているのだ。フリートスミスの買収はApple Silicon搭載によりiOS搭載モバイル端末と「同一プラットフォーム」になる次世代Macによる法人向けサービスの構築を狙ったものと言える。