富士通(神奈川県、所有割合66.59%)は、ISP事業、Webサービス事業及びクラウド事業を展開するニフティ(東証二部上場、東京都、以下対象者)を完全子会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得することを決議した。

富士通は、ISP事業、Webサービス事業及びクラウド事業の急激な事業変化に対応すべく迅速な意思決定構造を構築する必要があり、富士通及び対象者の保有するノウハウ、顧客基盤その他の経営資源を効率的に共有、使用し両社の企業価値を向上させるためには、本取引により対象者が当社の完全子会社となることが不可欠であるとの判断に至ったとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり1,495円で、前日終値に対して43.61%のプレミアム。買付予定数は7,609,965株、上限、下限は設定されていない。買付予定価額は113億円。

買付期間は平成28年5月2日から平成28年6月15日。

本公開買付の上限を設定していないため、対象者株式の全て(但し、対象者が所有する自己株式を除く)を取得し、対象者を公開買付者の完全子会社とする手続が実行されたときは、対象者株式は、所定の手続を経て上場廃止となる。なお、ニフティは、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明している。