中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は、ハイセンスグループ(海信集団)を取り上げる。2017年、ハイセンスグループは、東芝の映像事業を買収すると発表した。

2018年2月、ハイセンスグループ傘下の海信電器と東芝は、東芝の子会社である東芝映像ソリューションの発行済み株式の95%をハイセンスへ譲渡した。これにより、ハイセンスは東芝テレビの商品・ブランド・運営サービスなどの業務と東芝テレビのグローバルブランドライセンスを40年間得ることとなった。譲渡額は約129億円とされる。

「ハイセンス(海信)」というブランド

「ハイセンス」あるいは「海信」というブランドをご存じだろうか。日本ではあまり知られていない「ハイセンス」というブランドだが、中国においてはハイアール(海爾)などと並んで、大変にメジャーな家電メーカーである。

中国の賃貸マンション・アパートの多くは家具付きであり、エアコンはもちろんのこと、テレビ、冷蔵庫、洗濯機なども入居したときから備え付けのものがある場合がほとんどだ。筆者は2015年まで中国に在住していたが、中流マンション・アパートの備え付けの家電は、ハイアールや韓国LGなどと並んで、ハイセンスのものが多かった。

中国のテレビ市場で13年連続トップを維持

ハイセンスは1969年、山東省青島市で、前身である工場を立ち上げた。当初は10人ほどで、トランジスタラジオを製造していた。その後、1970年代に入ると、ブラウン管テレビの製造を始め、テレビの製造工場を持つようになる。

90年代に入るとテレビの他にも、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの白物家電、携帯電話などの家電を製造するようになる。2016年、ハイセンスの中国におけるテレビ市場のシェアは13年連続No.1を達成した。