menu
Social media

ビジネス

中国企業による日本企業のM&A(4)―テンセント、ソフトバンク傘下のゲーム会社スーパーセルを買収―

Cover 41d95cf3 8bc1 461b b689 55b70c1683e5
フィンランドのゲーム会社スーパーセルを買収した

中国企業による日本企業の買収事例4:テンセント・グループ

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当てて紹介する。第4回は、ソフトバンク・グループの子会社で、クラッシュ・オブ・クラン等のゲームを提供するフィンランドの会社「スーパーセル(Supercell)」を買収した「テンセント・グループ」を取り上げる。

テンセント、ソフトバンク傘下のスーパーセルを買収

2013年、ソフトバンク・グループはスーパーセルを買収し、子会社化した。その後、2016年6月、ソフトバンク・グループが保有するスーパーセルの全株式を段階的にテンセント・グループに売却すると発表した。

 (参考)ソフトバンク プレスリリース テンセントによるスーパーセル株式取得について

「テンセント・グループ」はどんな会社か?

テンセントのロゴ

ソフトバンク・グループの子会社売却により、テンセント・グループが日本でも注目されたが、テンセントという企業を知らない人も多かったのではないだろうか。

テンセント・グループの持ち株会社であるテンセント・ホールディングズは、数年来、アジア企業の時価総額ランキングでアリババ・グループと首位争いを展開しており、時価総額45兆円[1]を超す大企業である。

テンセント・グループは、1998年に中国・深セン市で設立されたインターネット関連企業であり、2004年に香港証券取引所に上場した。現在では、香港ハンセン株価指数の構成銘柄にもなっている。

[1]香港ドルの時価総額9月30日付(テンセントHPより)為替レートは9月30日付の14.41円で計算。

中国版Lineと言われる「WeChat(ウィーチャット)/微信(ウェイシン)」

テンセント・グループは、コミュニケーション・ツールであるQQ(キューキュー)やWeChat(ウィーチャット)を展開しており、その他インターネットを通じて、ソーシャルネットワーキングやオンラインゲーム、ニュースサービスやビデオコンテンツといった多様なサービスを提供している。

QQは、現在のようにスマホが普及する前のパソコン時代から、中国大陸では最もポピュラーなインスタントメッセンジャーであり、若者の間で広く使われていた。

2010年、テンセント・グループは中国版Lineと言われるスマホ向けの「WeChat(ウィーチャット)」の展開を開始する。中国語で「微信(ウェイシン)」(短いメッセージの意味)と呼ばれるこのチャット・アプリは、LineやFacebook、Twitterの使用が実質的にできない中国大陸においては、必須のチャット・アプリとなり、爆発的に普及した。実は筆者もWeChatユーザーで、仕事でも使っている。

海外でのM&A事情

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344