menu
Social media

ビジネス

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

Cover 938d2332 7732 4d00 b5d1 c0ccb54ec1ce

中国企業による日本企業の買収事例1:ハイアール

今回は中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介したいと思う。第1回は、ハイアール・グループ(Haier)による三洋電機の子会社の買収を紹介する。

本件は複数の法人を含んでいるものの、実質的には当時パナソニックの傘下にあった三洋電機の家庭用冷蔵庫事業と家庭用・業務用洗濯機事業、及び東南アジア4ヶ国における白物家電販売事業をハイアールへ譲渡したものである。

このハイアールによる三洋電機の白物家電事業の買収であるが、2002年から日本で始まった三洋電機とハイアールの合弁事業、その後の三洋電機の経営悪化及びパナソニックによる完全子会社化、その後に続く形で買収が行われていることが分かる。そのような流れの中で、買収後に続く、ハイアールにおける旧三洋電機の事業の再編・統合までを一連の流れとして捉えると分かりやすいのではないだろうか。

ハイアールによる旧三洋電機の事業の再編・統合

山東省青島で生まれたハイアール、売上高は3兆超

ハイアールは1984年、中国の山東省青島で創業された家電メーカーである。初期のハイアールは、西ドイツの会社と技術提携し、冷蔵庫でその業績を伸ばした。現在は、冷蔵庫からエアコン、洗濯機等の白物家電、パソコン等を生産・販売している。世界100ヶ国以上で事業を展開しており、上海市場と香港市場に上場している。2016年の全世界での売上高は、約3兆3200億円である。

統合の経緯

日本においては、2002年に三洋電機と合弁で「三洋ハイアール株式会社」を設立し、ハイアールブランドの冷蔵庫、洗濯機、エアコンの輸入販売を開始した。その後、2007年に「三洋ハイアール株式会社」は解散し、日本におけるハイアールブランドと製品の企画開発、マーケティング、販売・アフターサービスは「ハイアールジャパンセールス株式会社」に一本化されることになる。同年、三洋電機が冷蔵庫の製造をハイアールに委託する目的で「ハイアール三洋エレクトリック株式会社」が設立された。

2009年、パナソニック株式会社は三洋電機を完全子会社した。パナソニックが三洋電機の買収を決めた時点で、パナソニックと事業が重複し恒常的な赤字だった冷蔵庫と洗濯機事業の売却は、半ば既定路線だったと言われている。そして2011年、約100億円で三洋電機の白物家電事業を行う子会社9社のハイアールによる買収が発表された。

ハイアールHP ドラム式洗濯機より

2012年、家庭用冷蔵庫を設計・開発している「ハイアール三洋エレクトリック株式会社」が事業譲渡株式取得により、「ハイアールアジアインターナショナル株式会社」として発足し、家庭用・業務用洗濯機を製造・販売している「三洋アクア株式会社」が事業譲渡株式取得により、洗濯機、冷蔵庫の新ブランド「アクア(AQUA)」の国内販売を行う「ハイアールアクアセールス株式会社」として発足した。

その後、ハイアールは、三洋電機のドラム式全自動洗濯機のブランド名に由来する「アクア(AQUA)」ブランドで事業を展開することになる。

外資系企業のM&A

関連のM&Aニュース

バイテックホールディングス<9957>、部材調達会社の株式の一部をパナソニック<6752>に譲渡

パナソニック<6752>、米国の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを子会社化

ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>、パナソニック<6752>の鉛蓄電池事業を譲受け

パナソニック<6752>、スペイン自動車向けメカトロニクス会社と資本業務提携。

パナソニック<6752>、SAWフィルタ事業の一部をスカイワークス ソリューションズに譲渡。

パナソニック<6752>、株式交換によりパナソニック電工を完全子会社化

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>を株式交換により完全子会社化

パナソニック<6752>によるパナソニック電工<6991>の株式に対する公開買付が終了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>の株式に対する公開買付を実施

パナソニック<6752>、パナソニック電工<6991>の株式に対して公開買付を実施

三洋電機<6764>、三洋半導体の全株式及び有する貸付金債権を譲渡

パナソニック<6752>による三洋電機<6764>株式の公開買付が終了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>に対する公開買付けを開始

NEXT STORY

【バンダイナムコホールディングス】ガンダム×パックマンの経営統合とIP戦略

【バンダイナムコホールディングス】ガンダム×パックマンの経営統合とIP戦略

バンダイナムコホールディングス<7832>は、2005年9月、バンダイとナムコの経営統合により誕生した。バンダイはガンダムや戦隊ヒーローシリーズ、仮面ライダーなどのキャラクターシリーズを展開する。ナムコはパックマンやギャラクシアンなど日本が誇る世界的ゲームソフトの生みの親で、それぞれ事業領域の相互補完を目的として経営統合が成された。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb d07ecd1a c9b5 4c50 b95a c13f0b606f3b