menu
Social media

ビジネス

中国企業による日本企業のM&A(2)―フォックスコンの鴻海(ホンハイ)・グループ、シャープを買収―

Cover 8ec92505 aebe 4223 8bf3 d15e8a2a102d

中国企業による日本企業の買収事例2:鴻海(ホンハイ)グループのシャープ買収

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する。第2回は、中国に製造子会社フォックスコンを有する、台湾籍企業の鴻海精密工業グループ(以下、鴻海グループとする)によるシャープの買収を取り上げる。

総合電機メーカーのシャープ<6753>は、2016年8月、鴻海グループに対して約3,888億円の第三者割り当てによる新株式発行を行った。その結果、鴻海が筆頭株主となり、シャープは鴻海グループの子会社となった。

経営再建中だったシャープは、当初、産業革新機構からの出資を受けることを検討していたが、鴻海の出資額の方が大きかったため、最終的に鴻海グループと契約したと報じられた。

シャープを買収した理由とは?

この出資は、シャープから見れば再建支援だったのかもしれないが、鴻海側から見れば、シャープ買収には別の理由があった。それは、ここ数年の鴻海グループの成長の鈍化であり、シャープをその成長の起爆剤にしたいという考えであった。

鴻海は2012年に1330 億円(9.9%)出資し、シャープと資本業務提携をしたいと考えていた。この出資は、結局見送られることになり、液晶事業を行っていたシャープ堺工場の会社の一部株式を鴻海グループの郭台銘(かく・たいめい)会長個人の投資会社に譲渡するという結果で終わってしまう。

鴻海グループの郭会長は、2016年の買収交渉の際には、シャープ堺工場の資本参加を通じ「日本人と付き合うには信頼が大事だと分かってきた」と話しており、2012年の失敗を踏まえて交渉に臨んだことが、今回の買収を成功させたと言われている。

台湾企業の鴻海(ホンハイ)。急成長の要因はスピード経営

鴻海グループは、台湾に本社を構え、工場は主に中国にある。グループ全体の売上高は約15兆円、従業員数は約73万人と現在では、電子機器の生産を請け負う電子機器の受注生産(EMS;Electronics Manufacturing Service)で世界最大の企業グループとなっている。

今回シャープを買収したのは、鴻海グループの中核会社である1974年に台湾で設立された鴻海精密工業をはじめとするそのグループ傘下の会社である。

鴻海の強みは、郭会長自らが「鴻海が成長できた最大の要因はスピードだ」と語っているように、極度のトップダウン型による「即断即決」のスピード経営を行っていることである。また、交渉能力の高さでアップルなどの優良顧客を次々と獲得してきた。

海外でのM&A事情

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<12> 「ハゲタカ」(2009年)

ビジネスマン必見! 一度は見ておきたい経済・金融映画<12> 「ハゲタカ」(2009年)

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回取り上げるのは「ハゲタカ」。ドラマの続編となる映画では、中国系ファンドと鷲津との戦いが描かれており、時代を象徴するかのような1本だ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92