menu
Social media

ビジネス

中国企業による日本企業のM&A(5)―百度(バイドゥ)、東京大学発のベンチャー企業ポップインを買収―

Cover 39fe7879 1ee9 435e 9b18 805092351edc

中国企業による日本企業の買収事例5:百度(バイドゥ)

10月10日の米株式市場で、中国 阿里巴巴集団(アリババ)の時価総額が4700億ドル超と米国アマゾンを上回ったことで、世界が中国企業に注目している。

前回に続き、中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当てて紹介する。本日は、東京大学発のベンチャー企業「ポップイン(popIn)」を買収した「百度(バイドゥ)」を取り上げる。

2015年、中国最大の検索エンジンの会社「百度」の日本法人である「バイドゥ株式会社」は、東京大学発のベンチャー企業である「ポップイン」の全株式を取得し、経営を統合すると発表した。買収金額は公表されていないが、推定で10億円程度[*1]と報道されている。

東大発のベンチャー企業「ポップイン」

ポップインは、東京大学エッジキャピタルUTECから投資を受け、同大学施設内に拠点を置いて活動してきたベンチャー企業である。

創業者の程涛(チェン・タオ)氏は、1982年中国生まれ。東京工業大学卒業後に、東京大学情報理工学研究科の修士課程での発明をビジネス化するため、2008年にポップインを創業した。

程涛氏は「留学生として来日した当初は、友だちも家族もお金もなかった。日本で成功できたのは産学連携のおかげ。身近な事例として見てほしい。もっと多くチャレンジャーが出てくることを期待している」と語ったという。

ポップインが開発した技術「READ」とは?

ポップインは、読み飛ばしを防ぐ広告システムを中心とした「コンテンツ発見プラットフォーム」を提供している会社である。

ポップインが提供する新指標「READ」では、記事毎に熟読層・閲覧層・流し見層の割合を可視化することができるという。サイトに表示された広告文などについて読み終わるまでにかかる時間を算出し、閲覧者が実際にサイトにとどまった時間から熟読されたか読み飛ばされたか、読み込み度合いを測定する。

ポップインの公式ウェブサイトによると、READの技術をこう記している。

“メディアはPV数を最重要のKPIとしていますが、記事内容へのユーザーの満足度を知るためには、記事の読了状況(熟読したのか、流し見したのか)を把握しなければなりません。我々が提供する「READ」は、記事コンテンツの本文領域がユーザーの可視領域に入っているかを判定し、その経過時間と情報量から正確な読了状況を測定します。"

通常の広告の指標にはクリック率やコンバージョン率が使われているが、これではタイトル興味でクリックしただけなのか、それとも興味を持って熟読していたのかはわからない。ネイティブ広告にはコンテンツの主観指標が必要であり、「READ」はネイティブ広告の指標に適していると言われている。

外資系企業・金融

NEXT STORY

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

再編が進む農薬・種子業界だが、背景には、世界の食糧需要拡大に伴う研究開発費負担の重さに頭を抱える企業の実態がある。バイエルのモンサント買収に端を発した今回の「玉突き」的業界再編は、多くの海外メディアが取り上げており、その動向が注目されている。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c