menu
Social media

ビジネス

中国企業による日本企業のM&A(3)―美的集団が東芝の白物家電事業を買収―

Cover 004d7eda 3f8d 4bcc 8243 3a71d6174be7

中国企業による日本企業の買収事例3:美的集団(マイディア・グループ)

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する。第3回は、東芝の子会社で、東芝ブランド製品の開発・製造・販売を行う白物家電の東芝ライフスタイル株式会社を買収した美的集団(マイディア・グループ)を取り上げる。

最近話題になることの多い東芝<6502>であるが、2016年、子会社である東芝ライフスタイル株式会社の発行済株式の80.1%を美的集団の香港子会社である「マイディア・インターナショナル・コーポレーション・カンパニー・リミテッド(Midea International Corporation Company Limited)」に譲渡した。東芝の白物家電事業は、中国・美的集団の傘下に入ることになった。

赤字が続いた東芝の白物家電事業を買収

東芝の冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、電子レンジなど白物家電全般を扱う東芝ライフスタイルは、それまで赤字が続いていた。美的集団傘下に移行するにあたり、注目されていたのが「東芝ブランド」の存続であった。これについては、今後40年間にわたり東芝ブランドを継続使用するなどの提携関係を結んだことが発表された。

日本国内で販売される東芝製品は、美的(マイディア)の製品も含め「東芝ブランド」で展開される。また、開発から製造、販売、アフターサービスなどの体制も現状を継続し、東芝ライフスタイルが運営している。

美的集団(マイディア・グループ)とは?

美的集団は、空調や冷蔵庫などの一般家庭用家電機器をはじめとする総合家電メーカーである。全世界に約200の子会社があり、2016年の売上高は約2兆6000億円、約13万人の従業員を有する 

美的集団は、1968年に広東省仏山市で、前会長の何享健(ホー・シアンジェン)氏をはじめとする23名によって5000元で創業を開始した。1980年に家電業界に参入すると売上高は1990年に16億円、2000年に1600億円、2010年には1兆6000億円と着実に業績を伸ばしていった。

注:日本円売上金額は、現在のレートを使用(原文は、1990年1億元、2000年100億元、2010年1000億元)。美的集団(中国)のHPより

世界一の人口都市「珠江デルタ」で生まれた美的集団

このように順調に事業拡大してきた美的集団であるが、発祥地である仏山市は、「珠江(しゅこう)デルタ」に位置する。珠江デルタとは、中国広東省中南部の珠江河口地域のことを指し、東南アジアに近く、海陸の交通がよく、中国の南大門とも呼ばれている。

外資系企業のM&A

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

Amazonが買収したWhole Foodsとは

Amazonが買収したWhole Foodsとは

Amazonが自然食品のWhole Foods Market(ホールフーズ、WFM)を137億ドル(約1兆5,200億円)で買収との速報が出ました。ヤフーファイナンスをみると、6月17日現在でWFMの時価総額は$13.422B。買収価格が137億ドルと報道されているので、プレミアムは2%ほどと非常に低いことがわかります。


注目の記事

Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb 908a9947 090a 4a59 95da 01affa6e6c70
Thumb e1cc3fb2 2d9a 4362 945f ba6d406ee29f