menu
Social media

ビジネス

ライドシェア時代の幕開け! 滴滴出行がウーバーを買収

Cover 320565f5 7dff 4572 8dce 1bbff2301623

中国企業による外国企業の買収事例2:滴滴出行(ディディチューシン)

中国企業のM&A戦略について、日本企業以外の外国企業と関連する部分にスポットを当てて紹介する。

今回は、近頃、2018年春にも東京都内で配車アプリを使ったサービスを開始し日本進出すると報道された、タクシー配車とライドシェア(相乗り)サービスで世界最大手の滴滴出行(ディディチューシン)を取り上げる。

大手ライドシェア企業の滴滴出行

滴滴出行は、2012に北京で設立されたライドシェアの企業である。当初は、配車サービスアプリ「滴滴打車(ディーディーダーチャー)」の運用を行っていた。後に、大手インターネット関連企業のテンセントの投資を受けて、成長を加速していく。

2014年までに、「滴滴打車」の唯一の競合として残ったのが、アリババから出資を受けていた「快的打車(クァイディダーチャー)」であった。その時点で、中国のスマートフォンのタクシー配車サービス市場は、「滴滴打車」と「快的打車」の2社がほぼ二分しているという状況であった。

中国でのタクシー配車アプリの普及

2014年、上海在住だった筆者が経験したのは、タクシーの手配がほぼ100%アプリによるものになったため、アプリを持っていない人が「流し」のタクシーを拾うということが非常に難しくなった、ということである。当時、上海では金曜日の夜などは、すぐにタクシーを呼ぶということが難しい場合もあり、「滴滴打車」と「快的打車」の両方のアプリを駆使して、手配をしていた。

その後、2015年に「滴滴打車」と「快的打車」の両社は合併を発表し、「滴滴快的(ディーディークァイディ)」となった。合併後もそれぞれのブランドで独立して事業を運営してきた。「滴滴快的」は「滴滴出行」にリブランドされ、現在に至っている。

ウーバー・チャイナを買収

2016年、滴滴出行はウーバー(Uber)の中国事業を買収すると発表した。株式交換を使った合併方式で、買収額は明らかにされていない。滴滴出行とウーバー・チャイナは、合併による新会社を設立した。ウーバーの本体であるアメリカのウーバー・テクノロジーズとウーバー・チャイナに出資していた百度などは、この合併新会社の株式を受け取った。

この合併により、滴滴出行は、中国の三大大手インターネット関連企業である、テンセント、アリババ、百度すべてから出資を受けている唯一の会社になった。同年、滴滴出行はアメリカのアップル等から巨額の投資を受けており、また、2017年にはソフトバンクグループも投資を発表した。

外資系企業のM&A

NEXT STORY

富士通とレノボの合弁会社設立は採算悪化の逃げ道か

富士通とレノボの合弁会社設立は採算悪化の逃げ道か

2017年11月2日、富士通<6702>、中国レノボ社と日本政策投資銀行(DBJ)は、PC事業の合弁会社を設立すると発表した。富士通は100%子会社でPC・タブレット製品の研究開発・製造・販売等を営む富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の株式の51%をレノボに約255億円、5%をDBJに25億円で譲渡し、合弁会社化する。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c