menu
Social media

ビジネス

ASEANの最新M&A事情 ーマーサーシンガポール 宮寺宏器プリンシパルに聞く

Cover dd4aecdf c234 4383 afce c3a442be6250
マーサーシンガポールの宮寺宏器プリンシパル

 ASEANが設立から50周年を迎えた。2017年11月13日にはフィリピン・マニラでASEAN首脳会議が開かれ、安倍晋三首相はASEANでの「質の高いインフラ」投資による連結性の強化や産業基盤の整備、円借款の迅速化といった経済連携策を引き続き進めていくことを明らかにした。日本企業によるASEAN企業のM&Aは現在も増加傾向にあるが、今後さらに加速するのは間違いない。しかし、ASEAN企業とのM&Aには思わぬ「落とし穴」もある。そこで現地でM&Aの組織や人事についてのコンサルティングに当たっているマーサーシンガポール M&Aトランザクションサービス部門 プリンシパルの宮寺宏器氏に最新事情を聞いた。

活発なASEANでのM&A

-経済成長が続くASEANだけに、日系企業によるM&Aも活発なのでしょうね

 意外にも統計上は2014年の118件をピークに減少しています。ただ、これは公表されたM&Aだけで大企業が中心です。中小企業によるM&Aを含めると2014年以降も増加しており、今年も過去最高を更新するのではないかと予想しています。

-中小企業のM&Aとなると、初めてのケースも多いでしょう。経験が浅いがゆえの失敗もあるのでは

 最も多い失敗は現地とのコミュニケーション不足ですね。実はASEANの人たちは同じアジア人とはいえ、文化はかなり違います。むしろASEANは日本よりも欧米に近い部分も少なくありません。「アジア人同士だからわかるだろう」という思い込みは禁物。ASEAN企業でもマネジメント層は英語を話せますが、日系企業側の英語に対する苦手意識がコミュニケーションのネックになっています。

 もっともこれは英語力だけの問題ではありません。ASEANの人たちは発音や文法が間違っていても、積極的に英語で話します。一方、日本人は英語による会話自体を避けようとする傾向がある。それでコミュニケーション不足に陥り、現地社員に余計な不安や不満を与えてしまう。重要なのは英語力ではなく、コミュニケーションを図ろうとする意欲です。特に現地のマネジメント層とは積極的にコミュニケーションを取る必要があります。

海外でのM&A事情

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【中小企業・事業承継】平成30年度税制改正で事業承継が大幅改正!?

【中小企業・事業承継】平成30年度税制改正で事業承継が大幅改正!?

シリーズ事業承継の活用手法として、中小企業の事業承継や財産の分散防止に効果的な信託などを解説。今回は平成30年税制改正で急きょ浮上した事業承継税制の抜本改正についてお伝えします。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92