menu
Social media

ビジネス

米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

Cover 05b7ee46 b4a0 4ad2 a602 dd806f507f27

工作機械メーカーを買収した狙いは…

 米電気自動車(EV)メーカーのテスラは2017年11月6日、米自動工作機械メーカー・パービクスの買収を発表した。パービクスは非公開企業であるため、買収条件については公表されていない。同社は初の普及モデルとなる車両価格3万5000ドル(約399万円)からの新型セダン「モデル3」の量産でつまずいており、生産技術を向上するのが狙いとみられている。

独機械設備メーカーも買収

 「モデル3」は17年7月に量産を開始したものの、同年第3四半期(7~9月)の納車台数は220台と目標の6分の1程度にとどまっている。同四半期の最終赤字が6億1937万ドル(約700億円)と過去最大になったのもそのため。同社は16年11月にも独機械設備メーカーのグローマン・エンジニアリングを買収しており、今後も生産技術関連のM&Aに力を入れることになるだろう。

外資系企業のM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

ライドシェア時代の幕開け! 滴滴出行がウーバーを買収

ライドシェア時代の幕開け! 滴滴出行がウーバーを買収

中国企業による外国企業の買収事例として、今回は滴滴出行(ディディチューシン)を取り上げる。同社は2018年春にも東京都内で配車アプリを使ったサービスを開始する予定となっており、タクシー配車とライドシェア(相乗り)サービスの世界最大手企業だ。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c