ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

alt

工作機械メーカーを買収した狙いは…

 米電気自動車(EV)メーカーのテスラは2017年11月6日、米自動工作機械メーカー・パービクスの買収を発表した。パービクスは非公開企業であるため、買収条件については公表されていない。同社は初の普及モデルとなる車両価格3万5000ドル(約399万円)からの新型セダン「モデル3」の量産でつまずいており、生産技術を向上するのが狙いとみられている。

独機械設備メーカーも買収

 「モデル3」は17年7月に量産を開始したものの、同年第3四半期(7~9月)の納車台数は220台と目標の6分の1程度にとどまっている。同四半期の最終赤字が6億1937万ドル(約700億円)と過去最大になったのもそのため。同社は16年11月にも独機械設備メーカーのグローマン・エンジニアリングを買収しており、今後も生産技術関連のM&Aに力を入れることになるだろう。

NEXT STORY

【トヨタ自動車】大型M&Aで新興国市場を狙うトヨタ

【トヨタ自動車】大型M&Aで新興国市場を狙うトヨタ

2017/07/13

トヨタ自動車といえば、国内では誰もが知る自動車メーカーだ。2017年の国内売上高は27.5兆円。そのトヨタが大きな危機感を持ち大型M&Aを実施した。トヨタの買収意図を探る。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5