menu
Social media

ビジネス

あのブランドを買収したのは… レノボによる『ThinkPad』の買収

Cover 1063ed6a 77f5 4c18 8a4e 6f2a6d199770

 『ThinkPad』とは1992年10月に発売されたIBM(日本IBM)社製のビジネス向けノートパソコン。初代モデル『TihinkPad700C』以降、黒いボディーに赤のトラックポイント、指にしっくりと馴染むようなキーボードは多くのビジネスマンに愛され続けてきた。

 2005年、IBMからレノボ(レノボ・ジャパン)にブランドが譲渡されて以降も、開発や設計は国内にある大和研究所で続ける、まさにMAID IN JAPANのブランドである。

『ThinkPad』の特徴は何より頑丈なこと。その品質テストは、いわゆる拷問テストとも呼ばれてきた。一般的な机の高さ(約70センチ)から落としてしまっても壊れず、グラスの液体をこぼしても故障しない。

 実際の使用状況を想定した、厳しい品質テスト。特に、「液晶面鉄球落下試験」「角落下試験」「防滴試験」では、何度もテストを繰り返し実施する。まさに、通常のビジネスシーンで起こり得る、あらゆる衝撃に耐える堅牢性を備えている。

設計・開発、製作を支える2つの国内拠点

 この『ThinkPad』の設計・開発を行っているのが大和研究所だ。もとはIBMが1985年、神奈川県大和市に設立した研究拠点だが、2005年、香港に本社を置くレノボがブランドを買収以降も同研究所が開発・設計を引き継いだ。IBM大和研究所の技術者の大半がレノボに移籍したという。一時は中国に拠点を置くという報道があったものの、2011年に横浜市みなとみらいに拠点を移し現在に至る。

 ブランドの発売元が変わるとき、その製品は何らかの変貌を遂げる。だが、『ThinkPad』では少し違った。IBMからレノボに発売元が変わって以降もそのブランドイメージの踏襲に、むしろ頑なだったといえるかもしれない。

 レノボでは大和研究所について、こう表現している。「旧IBMの初代『ThinkPad』から今日まで変わらず『ThinkPad』の設計開発をリードする。『ThinkPad』の伝統を脈々と受け継ぎながら、その価値を高めていく。『ThinkPad』の進化は、これからも日本発、大和研究所発であり続ける」(レノボ・ジャパン、ホームページより)。

 その、日本初の伝統とは何か。同ホームページでは「松花堂弁当」とも表現している。「シンプルな外観とディスプレイを開いたときの機能美との対比は、『松花堂弁当』をモチーフとし、日本の様式美と深く関連している」。

外資系企業のM&A

NEXT STORY

富士通とレノボの合弁会社設立は採算悪化の逃げ道か

富士通とレノボの合弁会社設立は採算悪化の逃げ道か

2017年11月2日、富士通<6702>、中国レノボ社と日本政策投資銀行(DBJ)は、PC事業の合弁会社を設立すると発表した。富士通は100%子会社でPC・タブレット製品の研究開発・製造・販売等を営む富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の株式の51%をレノボに約255億円、5%をDBJに25億円で譲渡し、合弁会社化する。


注目の記事