Amazonが買収したWhole Foodsとは

Amazonが自然食品のWhole Foods Market(ホールフーズ、WFM)を137億ドル(約1兆5,200億円)で買収との速報が出ました。

アマゾン、ホールフーズを137億ドルで買収-食品販売に本格参入 (1)

ECの巨人として君臨するAmazonですが、「Amazon Go」や「Amazon Books」など最近はリアルへの進出が目立ちます。今回はWFMについて調べてみました。

Whole Foods Market(WFM)とは

WFMはアメリカ、カナダ、イギリスの3カ国で約450店舗を展開する自然食品を販売するスーパーで「アメリカでもっともヘルシーな食料品店」を謳っています。1980年に19人のスタッフで創業し、1992年1月にNASDAQに上場をしています。

現在は店舗だけでなく、instacartを使ったEC販売や、ネット注文をしてお店で受け取るなどのサービスを行なっています。

買収価格は妥当か

6月17日0時12分現在でyahoo financeをみるとWFMの時価総額は$13.422B。買収価格が137億ドルと報道されているので、プレミアムは2%ほどと非常に低いのがわかります。

2017年5月に公開された「Shareholder Update」をみると

・2016年の売上は$15.7B(約1兆7,427億円)
・従業員8万7,000人
・店舗は3カ国464店
EBITDA$1.35B(約1,498億円)

買収価格は$13.7Bのため、EBITDAマルチプル10.1xです。ちなみにソフトバンクのARM買収の際のEBITDAマルチプルは50xのため、比較的リーズナブルに買収できると思われます。しかもEBITDAはCAGR14%という成長率ですので買収金額の回収はよりスムーズにおこなわれると思います。

Amazonの戦略は

WHMのプレスリリースによると、Amazonは一株あたり$42で買収をします。上図は買収報道を受けて高騰していますが、報道前はおよそ$30台後半を推移していました。また、現CEOのJohn Mackeyは引き続きCEOを務めるとのことです。Amazon GoやAmazon Freshなどこれまで手がけてこなかった生鮮品、食料品に事業領域を広げているAmazonはWFMを買収することで食料品小売のノウハウを得たいのか、WFMの商品をAmazon上で取り扱うことでAmazonユーザーの満足度をさらに上げようとするのか現段階ではわかりません。しかしながら、ネット企業が成長を続けるとリアルに乗り出すという潮流がよくわかる事例だと思います。Amazonラブな筆者としては、便利になるのであれば大歓迎です。

本記事は、2017-06-17公開の「VC日記」より転載しております。
原文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ