2019年7月19日、ビール国内最大手のアサヒグループホールディングス(以下アサヒ)<2502>がオーストラリア(豪州)ビール最大手のカールトン&ユナイテッドブリュワリーズ(CUB)の買収を発表した。買収額1兆2000億円もの超大型M&Aだ。これまで依存してきた国内のビール市場が縮小するのを受け、アサヒはクロスボーダーM&Aにより海外で活路を拓こうとしている。

オセアニアで大型買収を次々に展開

CUBは「ビクトリアビター」ブランドで知られ、豪で5割弱のシェアを押さえている。2018年12月期の売上高は約1700億円。豪・ニュージーランドが中心のオセアニア地域での買収は、今回が初めてではない。2011年7月以降だけをみても、CUBを含めて5件の買収を実施している。

豪の人気ビール「ビクトリアビター」(カールトン&ユナイテッドブリュワリーホームページより)

なぜ、アサヒグループHDはオセアニア地域でクロスボーダーM&Aを仕掛けるのか?理由はこの地域での人口増だ。オセアニア最大の国家である豪は移民受け入れで、先進国では珍しい人口増加国の一つ。とはいえ、豪州でもビール市場の成長は止まり、ほぼ横ばいの状態だ。人口増が見込めるとはいえ、決して楽観できる状況ではない。しかも、同社には豪州で手痛い失敗をした歴史がある。

1991年、アサヒはビールでの海外進出を目指し、豪シェアトップのフォスターズ社に840億円を出資した。出資に伴う借入金の金利はフォスターズ社からの配当で賄うはずであったが、経営内部の対立で経営再建もままならず1997年に同社株の大半を売却せざるを得なくなる。売却で取り戻せたのは550億円。300億円もの投資損をこうむる失敗に終わった。

しかし、アサヒはくじけなかった。国内販売も強化と併せて2000年代前半に年間100億円ものコストダウンを進め、経営体質を強化。2000年代半ばから海外投資を再開する。