日清製粉グループ本社<2002>は4月に、豪州の産業用を除く小麦粉市場でトップシェアを持つAllied Pinnacle社を子会社化する。470億円を投じ豪州の投資ファンドPacific Equity PartnersなどからAllied Pinnacle社の株式80%を取得する。

Allied Pinnacle社は小麦粉に加えパン関連原材料でも高い競争力を持っており、直近売上高は約468億円。日清製粉は2013年にニュージーランドの製粉会社チャンピオン製粉を子会社化しており、双方の販売・物流網を活用した拡販や業務効率化などのシナジー創出を目指すという。

日清製粉は数多のM&Aを行っており、2010年以降だけでも主な案件が10件近くある。2018年に策定した長期ビジョン「NNI Compass for the Future」の中でもM&Aについては前向きな姿勢を示しており、今後も活発なM&Aが続きそうだ。

小麦粉のほか医薬品やエンジニアにも進出

日清製粉グループ本社

日清製粉の前身は1900年に小麦粉の製造を目的に創立された館林製粉。1908年に日清製粉を合併し、社名を日清製粉に改めた。その後、多くの工場の新設、買収、合併を行い経営規模を拡大。戦後は事業の多角化に取り組み、加工食品、配合飼料、ペットフード、医薬品、エンジニアリングなどに進出した。

2001年には持株会社制に移行し、日清製粉グループ本社の基に「製粉」「食品」「配合飼料」「ペットフード」「医薬」の各事業会社を設置した。現在は日清製粉、日清フーズ、日清ファルマ、日清ペットフード、日清エンジニアリング、オリエンタル酵母工業、NBCメッシュテック、イニシオフーズの8社が傘下にある。

2010年以降の主なM&Aをみてみると…。