ニッコンホールディングス(HD)<9072>は完成車輸送では国内首位。主要顧客はホンダ<7267>で、部品運搬なども手がける。好調な自動車生産を受けて、業績は安定成長を続けている。一方でドライバー不足や燃料費の高騰など、運輸業界を取り巻く環境は厳しさを増す。同社は2017年4月に始まった中期経営計画での最重要項目として「 M&A(提携・買収)」を掲げ、抜本的な構造改革に臨む。

自動車メーカーとの強いつながり

同社は1953年に「日本梱包運搬社」として設立。1950年代の終わりには、大型車による運送や運送・保管・梱包の一貫体制の確立、東京都・埼玉県・神奈川県を区域とする一般貨物自動車運送事業の免許を取得するなど、運送業としての基礎を固めた。

1960年代に入ると三芳営業所(埼玉県入間郡三芳町)で営業倉庫の認可を受け、倉庫業に参入する。併せて子会社の設立にも着手。名古屋梱包運搬社(現・メイコン)、日本陸送、日本運輸などを相次いで設立したほか、自社の車輌整備部門を武蔵野ディーゼル興業(現・セフテック)に分社化。子会社展開で業容を拡大するとともに、社名を「日本梱包運輸倉庫」に変更した。

完成車輸送ではトップ企業(日本梱包運輸倉庫ホームページより)

1970年代に東京証券取引所市場第2部への上場を果たす。子会社では新たに自動車耐久テスト・陸送を目的としたオートテクニックと、開発車両の実走・検査・測定・データ収集・分析・解析を手がけるテクニックサービスをそれぞれ設立。物流以外のサービスに参入することで、自動車メーカーとの関係を強化する。本業での物流で東倉庫を買収するなど、本格的なM&Aにも乗り出す。

1980年代には子会社のオートテクニックジャパンを設立し、二輪・四輪・汎用製品の研究開発及び品質保証サポート業にまで踏み込む。こうした自動車ビジネスの「川上」への参入で、ホンダとの関係はより強固になっていく。同業の日本梱包運輸を買収し、M&Aによるトラック運輸での規模拡大も進んだ。