小林製薬<4967>による「新たなる成長」に向けた大型M&Aの模索が始まる。

小林製薬は2020年1月から始まる22年12月期を最終年度とする3カ年の次期中期経営計画に「新成長事業の育成」と「大型M&Aの実行」を盛り込んでいる。現行中計(17年12月期-19年12月期)に設定した「実力ある成長」の数値目標の達成が確実視されることから、次のステージの目標が現実味を帯びてきた。

もちろん残り半年となった3カ年計画の仕上げも手を抜けない。3年間で300億円の投資枠を設けたM&Aの状況はどうだったのか。探ってみると。

中期経営計画は1年前倒しで実現

小林製薬は17年12月期から19年12月期までの3カ年で、中国やアジア諸国で薬局やドラッグストアなどで販売されている医薬品(OTC医薬品)販売の基盤確保、スキンケアで第3の柱となるブランドの育成、国内のOTC医薬品や健康食品の強化の3テーマで、M&Aを実施する計画を表明していた。

この期間のM&Aは19年5月に実施した「梅丹」や「古式梅肉エキス」のブランドを持つ梅丹本舗(和歌山県)の子会社化、18 年 3 月の中国の医薬品製造販売会社・江蘇中丹製薬有限公司を子会社化の2件がある。

17年6月には南アフリカのユニオンスイス社からバイオイルの独占販売権を取得した。

これら案件によって、目標としていた国内の健康食品事業の拡大、中国でのOTC医薬品販売の基盤確保、スキンケア事業で第3の柱となるブランドの育成については手を打てたことになる。

こうした取り組みの成果もあり、19年12月期に設定していた中期経営計画の数値目標である売上高1650億円、営業利益230億円、当期純利益170億円は、1年前倒しで18年12月期に達成できた。

ちなみに18年12月期は売上高が1674億7900万円(前年度比6.8%増)、営業利益が262億8900万円(同14.7%増)、当期純利益が180億2300万円(同13.6%増)だった。さらに21期連続当期純利益増益、20期連続増配という大きなおまけまでついた。

ではこの期間のM&Aの詳細を見てみると。

子会社化した梅丹本舗の古式梅肉エキス(リリースより)