スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(1)ロームが見せた加速度センサーの買収戦術

「スマートフォン(スマホ)は最先端のテクノロジーの塊り」だと言っていい。スマホには、電子部品がところ狭しと詰め込まれており、iPhoneなど人気機種となればそのサプライヤーらの競争はさながら陣取り合戦だ。
 
スマホには実際、さまざまな電子部品が使われている。スマホが通話で使用中かどうかを見極める近接センサー、画面の明るさを調節する際に周囲の明るさを感知する照度センサー、ほかにもジャイロセンサーが使われており、スマホの主要な部品とサプライヤーを見れば、テクノロジーのM&Aの相克も見て取れる。

 M&Aによりその加速度センサーのサプライヤーとして存在感を増したのが、電子部品の大手サプライヤーの1社であるローム株式会社(ローム)だ。今回は、加速度センサーに焦点をあてM&Aにまつわるローム株式会社の動きを詳しく見てみよう。

■スマホに「不可欠」な加速度センサー

まず加速度センサーについてもう少しおさらいしよう。加速度センサーが搭載されており、デバイス自身の動きを感知する役割を担っており、われわれにお馴染みのスマホの動きの実現に欠かせない。

具体的には、スマホを縦向きから横向きに変えるとディスプレイの表示もクルっと、90°回転するが、スマホ端末の動きを検知したり、スマホそのものを動かして操作するゲームのコントローラー機能として働かせたりしているのが、加速度センサーだ。iPhoneなどスマホの内側でさまざまなコンピューティング処理を行うロジックボードと呼ばれる基盤に実装されている(下図)部品の一つでもある。

加速度センサーの配置と外観
加速度センサーの配置と外観 センサーの画像はロームのHPより引用

今では、タテ・ヨコ・前後の3方向の動きを検出できる、3軸加速度センサーが開発されているが、このセンサーにはいくつかの種類(系統)がある。機械式や光学式、半導体式に加えて、静電容量方式があり、微細な構造を作ることで特定の機能を作りだすMEMS(Micro-Electro Mechanical Systems)と呼ばれる部品の一つで、スマホでも多く採用されていた。

具体的には、静電容量方式の加速度センサーでは、数ミリメートル四方のチップの中に、デバイスの動きを感知するシリコン製の重り、シリコン製のバネが組み込まれ、流れる電流の利用して、加速度を計測する機能が搭載されている。そんなスマホ部品の一つだ。